PageTop

タグ【ビーズ】の記事一覧

浅草橋のビーズショップ10選!専門店から大型手芸店まで

クラフト おすすめ店舗 6 view

浅草橋のビーズショップ10選!専門店から大型手芸店まで

古くから問屋街として栄えてきた浅草橋には、ビーズショップを含むハンドメイド資材のお店も多く立ち並びます。珍しいチェコビーズを扱うお店や日本の老舗ビーズ店などもあるため一度は足を運んでみたいという方も多いでしょう。 この記事では、浅草橋のビーズショップの特徴や買い物を楽しむためのポイントなどを踏まえ、おすすめのお店10選について詳しく紹介します。浅草橋のビーズショップ巡りを楽しみたい方はぜひお役立てください。 問屋街として有名な浅草橋!ビーズショップの特徴は? 浅草橋は問屋街として知られており、アクセサリーパーツやハンドメイド資材のお店も多数存在します。ビーズやアクリルパーツを取り扱うお店も充実しているため、ハンドメイド作家や手芸好きの人が足を運ぶ人気のスポットです。 浅草橋のビーズショップは、JR浅草駅西口側や江戸通り沿いに集中しています。クレジットカード不可のお店が多いため、現金を用意しておきましょう。複数のお店を見たい場合は、駅付近にあるレンタサイクルの利用がおすすめです。 浅草橋のおすすめビーズショップ10選 浅草橋には、数多くのビーズショップがあるため、お店選びに迷う人も多く見られます。自分が欲しいビーズやハンドメイド資材を見つけられるように、まずは浅草橋のビーズショップ情報をチェックしておきましょう。 ここでは、浅草橋にあるビーズショップの特徴と店舗情報を紹介します。 BEADER 名称 BEADER 公式サイト https://www.beader.jp/store/ 営業時間 10:00~17:30 定休日 日曜・祝日 住所 東京都台東区柳橋1-1-15 浅草橋産業会館2F 電話番号 03-5833-6373 「BEADER」は、カラフルな色づかいが特徴的なチェコガラスビーズの専門店です。ファイアポリッシュラウンド・プレストビーズラウンド・ファルファーレビーズなど、色づかいとデザインが美しいチェコガラスビーズを販売しています。特に、ファルファーレビーズの種類が豊富です。 ビーズだけでなく、金具や工具などのパーツやアクセサリーキットも充実しています。ビーズネックレスやピアスなどのアクセサリーを作りたい人、アクセサリークラフトに興味がある人におすすめのお店です。 MIYUKI FACTORY(旧:BEADS FACTORY) 名称 MIYUKI FACTORY 公式サイト https://www.miyukifactory.com/ 営業時間 10:00〜17:00 定休日 日曜・祝日・土曜(不定休) 住所 東京都台東区浅草橋1-3-9 電話番号 03-5833-5256 「MIYUKI FACTORY」は、80年以上の歴史を持つビーズメーカー「MIYUKI」の直営店です。ビーズのカラーバリエーションが豊富で、1Fだけでも6,000色以上の品揃えとなっています。ビン詰めされたビーズは、必要な量だけ量り売りが可能です。 主に、MIYUKI製シードビーズ・チェコガラスビーズ・インドビーズ・デリカビーズなどを取り扱っています。 1Fから3Fまではビーズやアクセサリーパーツの販売、4Fはハンドメイド作品のギャラリーとなっています。ビーズやアクセサリーパーツを購入したい人や、ハンドメイド作品が好きな人におすすめです。 Beads&Parts 名称 Beads&Parts東京浅草橋店 公式サイト https://www.beads-parts.jp/ 営業時間 11:00~18:00 定休日 なし 住所 東京都台東区浅草橋1丁目9-15大地ビル6F・7F 電話番号 […]

2023.01.25
ビーズの種類を7つ紹介!特徴や魅力・使い方を解説します

ハンドメイド 57 view

ビーズの種類を7つ紹介!特徴や魅力・使い方を解説します

ビーズとは手芸や服飾で主に使用する、穴のあいた玉のことです。ビーズの種類は多岐にわたり、素材や製造方法、特徴などが異なります。宗教的な意味合いで使われることが多かった昔とは異なり、現在ではピアスやネックレスなどアクセサリーとして身につける方が増えています。ビーズ制作の際はそれぞれのビーズの魅力を知って、作りたい作品に合ったものを選ぶのがよいでしょう。 当記事では、代表的なビーズを7種類紹介します。手芸やハンドメイド制作に興味のある方は、ぜひご一読ください。 ビーズとは? ビーズとは、穴のあいた球形の玉の総称です。 ビーズはアングロサクソン語の「祈り」「祈る人」を語源とし、古来より宗教儀式や祈りの場で使われてきました。古代文明の遺跡からは穴のあいた貝殻や石が出土しています。古くから宝飾品としても広く利用され、時代や国を超えて世界中の民族が独自のビーズ細工を発展させてきました。 ビーズ細工には、2つのビーズを金属つなぐ「パーツつなぎ」、ナイロン製のテグスを使った「テグス編み」などさまざまな手法が存在します。基本的な手法を覚えるだけで、作品の幅が広がるのがビーズ細工のおもしろいところです。 ビーズの種類を7つ紹介! ビーズは世界のさまざまな地域で作られており、手芸の材料として人気のアイテムです。 ビーズはサイズだけでも、大粒でインパクトのあるものやゴマほどの小さなものなど、多岐にわたります。ガラスや木材、貝殻など素材も豊富なため、使う糸やビーズを選べば肌が弱い人向け、子ども向けとニーズに合わせてビーズ作品を作ることも可能です。 以下では、代表的なビーズを7つご紹介します。 チェコビーズ チェコビーズとは、チェコ共和国で作られるビーズの総称です。チェコビーズはヴェネチアンガラスをルーツに持ち、主にチェコ中西部で発展しました。種類豊富なチェコビーズのうち、ファイヤーポリッシュ製法はチェコビーズを代表する加工方法です。成形したビーズの表面を火で溶かしてなめらかに仕上げる手法で、融解によって現れるやわらかな丸みとツヤが特徴です。 ファイヤーポリッシュビーズの一種であるテーブルカットビーズは、制作工程のほとんどが手作業のため、熟練の技術が必要になります。研磨時の力加減によって生まれる模様や濃淡の違いは、ビーズそれぞれに個性を加えています。テーブルカットビーズはアクセサリーのメインパーツとして、シンプルなビーズと組み合わせるのがおすすめです。 パールビーズ パールビーズとは、真珠を模したビーズ全般を指します。パールビーズは本真珠を用いたものや淡水に生息する貝から採れる淡水のもの、ガラスやアクリル素材を用いてパールの風合いを出したものなどがあります。中でもスワロフスキー社のパールビーズは、本真珠にも劣らない輝きが特徴のビーズです。 綿を圧縮して球体を作り、パール加工を施したコットンパールは、とても軽いのが特徴のパールビーズです。マットな質感とアンティーク調の色合いはどのような素材とも合わせやすく、ボリュームのあるビーズアクセサリーを作るのに向いています。 パールビーズは身につけるだけで上品な印象を演出するため、テグスに通してネックレスにしたり、ピアスチャームにしたりするのがおすすめです。 ウッドビーズ ウッドビーズとは、木製の素材で作られたビーズです。木の質感をそのまま残したウッドビーズや、塗装が施されているウッドビーズがあります。やわらかな色合いはどの材質とも相性がよいビーズです。 ガラスビーズが多いチェコビーズの中にも木製ビーズを制作する工房が存在します。おもちゃメーカーが作るチェコのウッドビーズは、通し穴が大きく扱いやすいのが特徴です。安心安全な素材のため、子ども用のブレスレット制作におすすめです。 ウッドビーズを使ってアイテムを作るときは、穴の内側に削り残しがないこと、表面がきれいに加工されていること、色落ちが少ないことに気をつけましょう。細かい部分をきれいに処理することで作りやすさや仕上がりが格段に違ってきます。ウッドビーズは作品に天然素材ならではのあたたかみをプラスできるビーズです。 ユザワヤ公式ネットショップ「ウッドビーズ」 スワロフスキー スワロフスキーとは、独自の製法によるクリスタルガラスを使用したオーストリアを代表するクリスタルガラスブランドです。 スワロフスキー社が製造するクリスタルガラスは輝度が高く、パリのヴェルサイユ宮殿やオペラ劇場のシャンデリアパーツにも使用されています。豊富な種類展開も魅力です。パールビーズからクリスタルビーズまでサイズ、カラーともにさまざまなタイプのアイテムが製造されており、用途に合わせて好みのビーズが選べます。 ユザワヤ公式ネットショップ「スワロフスキー」 シードビーズ シードビーズとは、種(Seeds)のように小さなビーズのことを意味しており、大きさは0.6〜3.0ミリが一般的です。基本のビーズと呼ばれ、さまざまな種類が世界中で作られています。主にガラス製で、プラスチックをはじめ素材も多岐にわたります。シードビーズの中でも代表的なのは丸型のビーズです。大きさによって特小ビーズ、丸小ビーズ、特大ビーズと呼び名が異なり、中には直径が1.5ミリ前後のマイクロビーズと呼ばれる小さなビーズもあります。 穴の大きさは作業のしやすさに大きく影響します。国産のシードビーズは穴が比較的大きく、テグスを楽に通せます。一方、海外メーカーのシードビーズは、穴が小さく作られていることでビーズに小柄な印象を与え、作品に繊細な表現を生み出します。 ユザワヤ公式ネットショップ「シードビーズ」 アンティークビーズ アンティークビーズとは、製造から100年以上を経たビーズを指します。貝や骨、ガラスでできたものなどさまざまなビーズが発見されており、15世紀から16世紀以降にヨーロッパで作られたアンティークビーズは特に人気を集めています。 約30年から100年前に作られたビーズはヴィンテージビーズと呼ばれ、アンティークビーズと区別されています。年代が浅い分、色や形が比較的きれいに残っているビーズです。どちらのビーズも、経年変化ならではの色味や形が好まれています。職人の手作業によるふぞろいの形状は、緻密に作られた現代のビーズとはまた違った味わいが魅力です。竹ビーズなどシンプルなビーズと組み合わせたアクセサリーは、男性へのギフトにもおすすめです。 ベネチアンビーズ ベネチアンビーズとは、イタリア共和国のベネチア地方で作られるガラス工芸品、ベネチアングラスで作られたビーズです。高温になったガラスを水で急冷して模様を作る「アイスガラス」、透明のガラスの中に色ガラスや金箔を埋め込む「ソンメルソ」などがあります。ベネチア独自の技術によって手作りされるビーズは、1つとして同じものはありません。金箔や白金箔、色ガラスなどの美しい装飾が小さなガラスの球体に精巧に施されています。 ベネチアンビーズは色合いが鮮やかで、個性的なものが多く、デザインによって作品にゴージャスな存在感を演出できます。 まとめ ビーズとは、穴のあいた球形の玉の総称です。ビーズは古くから装飾品や宝飾品として広く利用されてきました。 世界にはさまざまなビーズがあり、使うビーズと糸を変えることでさまざまなビーズ作品が作れます。たとえば、チェコビーズはチェコ共和国で作られるビーズです。種類がとても多く、研磨時の力加減によって一つひとつ濃淡や模様が微妙に異なります。ほかにも、パールビーズやウッドビーズなど素材が自然のものであるビーズや、職人の手作業の美しさが残るヴィンテージビーズ、煌びやかなスワロフスキーなどがあります。

2022.11.28
チェコビーズとは?歴史や魅力・購入場所を紹介!種類や形も

ハンドメイド 33 view

チェコビーズとは?歴史や魅力・購入場所を紹介!種類や形も

チェコビーズとは、チェコ共和国で作られたビーズのことです。チェコビーズは現在大量生産が一般的ですが、中には職人が手作業で丁寧に作り上げたビーズもあります。チェコビーズにしかない優しい色合いや独特な形、種類の豊富さが人気の理由です。ものによっては一つひとつ形が微妙に異なり、手作りの温かみも感じられます。 当記事では、チェコビーズの歴史や魅力、またチェコビーズの種類や形について解説します。ハンドメイド作家の方やハンドメイド制作を始めたい方は、ハンドメイド制作にぜひお役立てください。 チェコビーズとは? チェコビーズとは、チェコ共和国で生産されたビーズの総称です。ハンドメイド素材の中でチェコビーズは種類が豊富で比較的安く手に入れやすいことから、手芸やアクセサリー作りによく用いられます。 チェコビーズの中でも特に有名なのが「ファイヤーポリッシュ」です。ファイヤーポリッシュは「火(ファイヤー)で磨いた(ポリッシュ)」という名前の通り、カットしたガラスビーズの表面を高温で溶かし、ツヤ出し仕上げがされています。見た目はスワロフスキーに似ていますが、熱でカットラインが溶けて丸くなっているため、スワロフスキーよりやわらかく優しい雰囲気が感じられるビーズです。 チェコビーズには、ファイヤーポリッシュのほかにも、機械でカットされたものや型でプレス成形されたものなど、さまざまな種類があります。 チェコビーズの歴史 チェコビーズのルーツは古く、11世紀ごろからイタリアで製造された宝石と間違うほどの品質を誇った「ヴェネチアンビーズ」に由来するという説があります。 チェコビーズは、16世紀ごろにチェコ中西部のボヘミア地方でガラス工芸品として生まれたと言われています。豊かな川や木材に恵まれたチェコでは、機械を動かすための動力を確保しやすく、ビーズの生産が盛んに行われました。 チェコビーズの生産の中心地は、首都プラハから電車で2時間ほど北上した「ヤブロネッツ・ナド・二ソワ」という地域です。現在でもビーズの製造工場や工房が立ち並び、日本を含む世界各国にチェコビーズを輸出しています。 チェコビーズの魅力 チェコビーズの魅力は、主に次の3点です。 豊富な色、形、デザイン 手に入れやすい価格 色合い、発色のよさ チェコビーズの魅力は、種類の豊富さです。チェコビーズには高温でツヤ出しをした「ファイヤーポリッシュ」や機械で成型する「プレス」、サイズの小さな「シードビーズ」などさまざまな種類があります。宝石のように美しい見た目のものから、動物や昆虫をモチーフにしたユニークなものまで、デザインも豊富です。 価格も比較的安価で手に入れやすいため、ハンドメイド制作で多く利用されています。長い歴史とともに培われた独自の加工技術から生まれる、透明感のある独特の色味もチェコビーズの魅力の1つです。 チェコビーズが買える場所 チェコビーズは、次のような場所で購入可能です。 通販サイト 手芸用品を扱う店舗 100円ショップ 実物を見て購入したい方は、手芸用品を取り扱う専門店や100円ショップで探すとよいでしょう。100円ショップでは少数セットのチェコビーズを安価で購入できるため、ハンドメイド制作初心者の方も気軽にチェコビーズを手に入れられます。 おすすめは通販サイトでの購入です。通販サイトであれば店頭より豊富な在庫を揃えているサイトから、気に入ったビーズを必要な数だけ注文できます。手芸・工芸用品を取り扱う「ユザワヤ」ではさまざまなチェコビーズを販売しており、安いものは100〜500円程度で購入可能です。 ユザワヤ公式ネットショップ「チェコビーズ」 チェコビーズで作れるもの チェコビーズで作れるアクセサリーには、次のようなものがあります。 イヤリング ピアス ネックレス ペンダント プレスレット ブローチ はじめはイヤリングやピアス、ネックレスなど比較的作りやすいアクセサリーを作るのがおすすめです。ハンドメイド制作に慣れてきたら自分なりのアレンジを加えたり、新しいハンドメイド制作に挑戦したりするとよいでしょう。 本やネット上に載っている見本を参考にする場合でも、使用するチェコビーズの種類やカラーを変えるだけで、自分だけのオリジナルアクセサリーが作れます。 チェコビーズの種類 チェコビーズには、さまざまな種類があります。代表的な4種類のチェコビーズの製造方法と特徴を下表にまとめました。 製造方法 特徴 ファイヤーポリッシュ(FP) ビーズをカットまたはプレス成型 表面を高温で溶かす ツヤがあり、カットラインが丸みを帯びている テーブルカット(TC) ビーズをプレス成型 泥のような素材でコーティング コーティングを焼き付け 両面を研磨 ハンドメイドならではの温かみを感じられる 研磨時の力加減やコーティングの組み合わせなどの要因で雰囲気が変わる マシンカット 機械でビーズをカット カットラインが鋭く、シャープな印象に仕上がる プレス ビーズを型でプレス成型 […]

2022.11.28
100均で買えるビーズ16選!DAISO・キャンドゥ・セリア別に紹介

ハンドメイド おすすめ店舗 35 view

100均で買えるビーズ16選!DAISO・キャンドゥ・セリア別に紹介

100均の手芸用品コーナーには、バリエーション豊かなビーズが並べられています。ビーズパーツを100円で購入できるため、誰でも気軽にビーズアクセサリーなどのハンドメイド作品作りを楽しめる点が魅力です。ビーズクラフトをやってみたいという人は、まずは100均で材料を揃えて挑戦してみるのもおすすめです。 当記事では、DAISO・Can★Do・Seriaで購入できるビーズを紹介します。また、100均でほしいビーズを見つけられなかった人に向けて、手芸専門店ユザワヤのビーズについても解説するため、ぜひ参考にしてください。 【100均】DAISOで購入できるビーズ11選 DAISOでは、小さなものから大きなもの、シンプルなものから個性的なものまで、さまざまなビーズを取り扱っています。ほかの100円ショップと比べて品揃えが多いため、たくさんのアイデアを得られ、作品の幅を広げられるでしょう。 以下より、DAISOで購入できるビーズの中でも特におすすめの12アイテムを紹介します。 G6オーロラ星ビーズ青系(約)11mm/52個 紫・青・水色・クリアといったさわやかなオーロラカラーが魅力の星型ビーズです。大きめで存在感があるため、ヘアゴムやブレスレットなど、アクセサリーのメインパーツに向いています。 出典:【公式】DAISOネットストア「G6オーロラ星ビーズ青系(約)11mm/52個」 G3プチ花ビーズ青系(約)6mm/112個 アクア・黄色・黄緑・クリアといった青空と菜の花畑を思わせるカラーの花型ビーズです。アクセサリーのメインパーツとしてはもちろん、たくさん並べてチェーン部分として活用することもできます。 出典:【公式】DAISOネットストア「G3プチ花ビーズ青系(約)6mm/112個」 こんぺいとう風ビーズ(約10mm、30個) こんぺいとうのような形の愛らしいビーズです。元気な風合いのクリアカラーと、優しい風合いのベビーカラーがあります。ころんとしたフォルムを生かして、ピアスにしたり、小瓶に入れてオブジェにしたりするとよいでしょう。 出典:【公式】DAISOネットストア「こんぺいとう風ビーズ(約10mm、30個)」 B7パールビーズ白(約)8mm/50個 真珠のような上品な光沢があるビーズです。結婚式をはじめとするハレの日に身につけるコサージュやネックレスなどの材料に適しています。また、洋服のビジューとして活用することもおすすめです。 出典:【公式】DAISOネットストア「B7パールビーズ白(約)8mm/50個」 シードビーズ(イエロー系 約2mm 各5G) クリーム色・べっこう色・金色の小さなガラスビーズのアソートです。ひたすら数珠つなぎにしてもよいですが、編んで色々なモチーフを作ってもよいでしょう。コースターやマスコットなども制作できます。 出典:【公式】DAISOネットストア「シードビーズ(イエロー系 約2mm 各5G)」 グラデーションパール調ビーズ 約10mm 20個 ピンクや紫、水色などのグラデーションが美しい真珠のようなビーズです。光を受けてさまざまな表情を見せてくれるため、ゆらゆらと揺れるアクセサリーの材料にすることをおすすめします。 出典:【公式】DAISOネットストア「グラデーションパール調ビーズ 約10mm 20個」 ぷっくりスタービーズ (約)20mm、11mm、15個 丸みを帯びたポップなフォルムの大きな星型ビーズです。カラーは、ピンク・紫・水色・黄色のラインナップとなっています。子ども向けアクセサリーの材料にぴったりです。 出典:【公式】DAISOネットストア「ぷっくりスタービーズ (約)20mm、11mm、15個」 ビーズミックス(オーロラキャンディ)26個 キャンディ型ビーズと大小の丸ビーズがセットになっているアイテムです。ピンク系・ブルー系・イエロー系の3種類があります。キャンディ型のビーズはメインパーツ、丸ビーズはサブパーツとしてアクセサリー作りに活用するとよいでしょう。 出典:【公式】DAISOネットストア「ビーズミックス(オーロラキャンディ)26個」 C8ラウンドビーズクリア(約)8mm/80個 透明でシンプルな丸ビーズです。大粒であるため、ピアスやイヤリングのようなアクセサリーのメインパーツとして活用できます。また、数珠風のブレスレットやネックレスの材料にもうってつけです。 出典:【公式】DAISOネットストア「C8ラウンドビーズクリア(約)8mm/80個」 D1キャッツアイビーズピンク系(約)8mm/45個 猫の目のような光の筋が浮かぶ丸ビーズです。カラーは紫・ピンク・白の、淡く甘さのある3色のため、フェミニンなアクセサリーの制作に向いています。また、神秘的な雰囲気もあることから、パワーストーンの代用品としても違和感はないでしょう。 出典:【公式】DAISOネットストア「D1キャッツアイビーズピンク系(約)8mm/45個」 E2クラックビーズ青系(約)12mm/20個 ヒビが入ったガラス玉のようなデザインのビーズです。青と紫の涼しげな2色がセットになっています。あふれる清涼感を生かし、夏に使うアクセサリーの材料にするとよいでしょう。 出典:【公式】DAISOネットストア「E2クラックビーズ青系(約)12mm/20個」 【100均】Can★Doで購入できるビーズ5選 Can★Doがインターネットで販売しているビーズは、DAISOと比べるとラインナップが少ないと言わざるを得ません。しかしCan★Doは、DAISOにはないおしゃれでかわいいビーズも取り扱っています。また、ビーズを使ったハンドメイドに活用できる道具や金具などの手芸アイテムも豊富です。 以下より、Can★Doで購入できるビーズ4種と、ビーズにまつわる便利アイテムを1つ紹介します。 クラフト用ビーズ キャンディMIX キャンディ型ビーズ14個、大きな丸ビーズ2個、小さな丸ビーズ20個がセットになっています。ピンク・黄色・水色・緑色など、カラフルなラインナップであるため、色違いのお揃いアイテム作りにおすすめです。 出典:Can★Doネットショップ「クラフト用ビーズ キャンディMIX」 デコパール 星 20P WH 何粒もの小さなフェイクパールで形作られた星型ビーズです。フラットなデザインであるため、スマホケースやフォトフレームなどのデコレーションに活用できます。また、アクセサリーのチャームにもぴったりです。 出典:Can★Doネットショップ「デコパール 星 20P WH」 プラスチックパール6MM 60Pホワイト 真珠を模した小粒の丸ビーズです。楚々とした輝きを放つため、フォーマルシーンで身につけるアクセサリーに限らず、カジュアルシーンで身につけるアクセサリーの材料にも適しています。 出典:Can★Doネットショップ「プラスチックパール6MM 60Pホワイト」 プラスチックパール8MM 40P 真珠を模した大粒の丸ビーズです。軽量でありながら、本物に見劣りしないエレガントさがあります。本物のパールでは重さが気になる、多連ネックレスのようなアクセサリーの制作に活用するとよいでしょう。 出典:Can★Doネットショップ「プラスチックパール8MM 40P」 【番外編】ビーズケースクリア 8種類のビーズを収納できるケースです。蓋はビーズトレイとしても活用できます。また、底が手前に向かって傾斜になっている上に、側面もカーブ状になっているため、ビーズが少なくなってもスムーズに取り出せる点も注目ポイントです。 […]

2022.11.28