PageTop

minneの手数料はいくら?他社サービスと比較すると高い?

minneの手数料はいくら?他社サービスと比較すると高い?

「minne(ミンネ)」は、GMOペパボ株式会社が運営する、1,000万点以上のハンドメイド作品が取り扱われた代表的なハンドメイドマーケットです。初心者からプロまで多くのハンドメイド作家が制作した、世界に一つしかない特別な作品が多数販売されており、女性を中心に人気があります。

ハンドメイド作品のフリマサイト・アプリは数多く存在しますが、minneはその中でも利用ユーザー数が格段に多く、ハンドメイド作品を初めて売りたいと考える方にもおすすめと言えるでしょう。

そして、minneを利用するうえで必ず知っておきたいポイントが「手数料」です。今回は、minneでかかる手数料や手数料を引いた売上金の例を徹底的に解説します。

minneでかかる手数料

minneでは、制作したハンドメイド作品を販売する「作り手(販売者)」となるための登録料や出品料は無料で、月額費用がかかりません。しかし、販売したハンドメイド作品が買い手(購入者)により注文されたときには、「販売手数料」と「振込手数料」の2つの手数料が発生します。

【minne】2種類の手数料
販売手数料 売れた作品の販売金額×10.56%
振込手数料 一律220円

なお、minneでは上記の手数料により、販売最低価格が300円となっています。300円を下回る額で出品することはできないため、注意してください。

ここからは、販売手数料・振込手数料それぞれの詳細を説明します。

販売手数料

販売手数料とは、自身が販売したハンドメイド作品がユーザー(買い手)によって購入された際に発生する手数料です。

minneの販売手数料は、作品の販売金額×10.56%となっており、毎月1日から月末までの間に確定した売上ごとに発生します。作品の販売金額には、送料と購入オプションの価格も含まれます。送料は一律ではなく、配送方法によって異なることに注意してください。なお、海外ユーザーからの購入においても販売手数料の料率は同様です。

小数点以下は切り捨てとなるため、例えば作品価格1,000円・購入オプション価格100円・送料315円で販売していたハンドメイド作品が売れた場合、販売手数料は「149円」となります。

  • 1,000円(作品価格)+100円(購入オプション価格)+315円(送料)=1,415円
  • 1,400円×10.56%=149.424円 → 149円

振込手数料

振込手数料とは、minneでハンドメイド作品を販売した作り手に向けて、minneが売上金を振り込む際に発生する手数料です。

minnneの振込手数料は売上額にかかわらず一律220円となっています。販売した作品ごとに発生するのではなく、1ヶ月分の売上代金がまとめて振り込まれる際に発生します。

minneでは売上額が1,000円を超えた時点、または売上額が1,000円に満たず繰り越しが5ヶ月を超えた時点で、自動的に翌月末に登録口座に売上金が振り込まれます。例えば、各販売手数料を引いた売上額が10,000円だった場合、口座に振り込まれる金額は「9,780円」です。

minneが手数料を徴収する理由

ハンドメイド作品を販売する作り手にとって、手数料は煩わしい存在とも言えます。特に多くの作品が売れるようになると手数料の負担は意外と大きく、「もったいない」と感じることもあるでしょう。ではなぜ、minneでは手数料を徴収するのでしょうか。

minneが手数料を徴収する理由は、「多くの作り手・買い手が便利に感じるサービスを継続させるため」です。

minneを利用すれば、作り手・買い手は下記のようなメリットを受けられます。

作り手のメリット
  • 買い手との仲介をしてくれるため、トラブルが少ない
  • さまざまな決済方法・配送方法を簡単に行える
  • 高機能なホームページを作成したり、運営費を毎月支払ったりする必要がない
  • 比較的簡単に集客やSEO対策ができる
買い手のメリット
  • 作り手との仲介をしてくれるため、トラブルが少ない
  • 一つのECサイト・アプリから豊富なハンドメイド作品をチェック・購入できる
  • さまざまな決済方法を選べる

このように、minneでは豊富かつ万全なサポートがあるため、作り手・買い手が安心して利用することができています。サポート体制を維持してもらい、作り手・買い手がいつまでも安心して利用するためにも、手数料を支払うことは仕方のないことと言っても過言ではありません。

minneの手数料を引いた売上金はいくら?

前述の通り、minneでハンドメイド作品を販売しても、設定した販売価格がそのまま自身の手元に渡るわけではありません。実際に口座に振り込まれる金額は、販売手数料と振込手数料が差し引かれた額です。

ここからは、minneで売れたハンドメイド作品の、手数料を引いた売上金(実際に口座に振り込まれる代金)について、例を挙げながら詳しく解説します。

800円のアクセサリーが1つ売れた場合

800円のアクセサリーが1つ売れた場合の販売手数料・振込手数料・実際の振込金額は、下記のようになります。

作品価格 800円
送料 315円
販売手数料 117円
振込手数料 繰り越しとなるため0円
実際の振込金額 振込なしのため0円

購入オプションが設定されていない単純な売上金の計算だと、「800円+315円-117円=998円」で1,000円以下となりました。minneではサイト上で持っている売上金が1,000円以下の場合、翌月末の振り込みは自動的に繰り越されます。次の入金タイミングは、「繰り越しが5ヶ月を超えたとき」と「5ヶ月の間に、売上金が1,000円以上を超えたとき」です。

なお、繰り越しが5ヶ月を超えて振り込まれる際も、220円の振込手数料が発生することを覚えておきましょう。もし998円の売上金を抱えたまま5ヶ月を超えた場合は、998円から220円が差し引かれ、口座には778円が振り込まれます。

800円のアクセサリーが3つ売れた場合

800円のアクセサリーが3つ、それぞれ別の買い手により売れた場合の売上金は、下記のようになります。

作品価格 800円×3=2,400円
送料 315円
販売手数料 286円×3
振込手数料 220円
実際の振込金額 1,637円

購入オプションが設定されていない単純な売上金の計算だと、「(800円×3つ)+315円-(286円×3つ)=1,857円」と、1,000円以上となりました。翌月末には、自動的に振込手数料を差し引いた額(1,637円)が口座へ振り込まれます。

このとき注意すべき点が、販売手数料の計算方法です。1つ800円のアクセサリーが3つ別々に購入された場合、販売手数料も取引ごとに発生します。売上をまとめて販売手数料を計算すると誤差が生まれるため、必ずそれぞれの取引で販売手数料を差し引きましょう。

【比較】minneの手数料は高い?低い?

販売や振込に手数料が発生するのは、minneだけではありません。その他ハンドメイドマーケットプレイスやネットショップ開設サービスも、当然手数料は発生します。また、ハンドメイドマーケットプレイスやネットショップ開設サービスによって手数料が異なることにも注意が必要です。

最後に、それぞれのサービスにおける手数料とminneの手数料を比較します。

ハンドメイドマーケットプレイスとの比較

下記は、minneとその他有名ハンドメイドマーケットプレイス(Creema・iichi・BOOTH)の販売手数料と振込手数料を比較した表です。

minne
販売手数料 10.56%
振込手数料 一律220円
Creema
販売手数料 11%~
振込手数料 PayPay銀行:一律55円
合計金額30,000円未満:176円
合計金額30,000円以上:275円
iichi
販売手数料 個人・少数制作者(作り手):20%
認定代理出品者(繋ぎ手):15%
振込手数料 PayPay銀行:一律55円
合計金額30,000円未満:176円
合計金額30,000円以上:275円
BOOTH
販売手数料 5.6%+22円
振込手数料 合計金額30,000円未満:200円
合計金額30,000円以上:300円

販売手数料が最も低いハンドメイドマーケットプレイスは、BOOTHと言えます。しかし、BOOTHは26円の倉庫発送手数料もかかることに留意してください。

minneはその他ハンドメイドマーケットプレイスに比べて販売手数料が低めなこと・振込手数料もシンプルな設定であることが特徴です。しかしCreemaやiichiでは販売手数料の対象に送料は含まれないため、販売手数料は各サービスでさほど差がないと言っても良いでしょう。

ネットショップ開設サービスとの比較

下記は、minneとその他有名ネットショップ開設サービス(BASE・STORES・カラーミーショップ)の販売手数料と振込手数料を比較した表です。

minne
販売・決済手数料 10.56%
振込手数料 一律220円
BASE
販売・決済手数料 サービス利用料:3%
BASEかんたん決済手数料:3.6%+40円
振込手数料 合計金額20,000円未満:750円
合計金額20,000円以上:250円
STORES
販売・決済手数料 フリープラン:5%
スタンダードプラン:3.6%
振込手数料 合計金額10,000円未満:550円
合計金額10,000円以上:250円
カラーミーショップ
販売・決済手数料 フリープラン:6.6%+30円
レギュラー・ラージプラン:月額2,000円+3.45%~
振込手数料 0円

BASEをはじめとしたネットショップ開設サービスは、「販売手数料」ではなく「決済手数料」と称されます。ネットショップ開設サービスの決済手数料はプランや売上金により変動することも多々あり、やや複雑な点が特徴です。

カラーミーショップは振込手数料が無料となっていますが、minneよりも決済手数料をはじめとした各オプション料金が高い傾向にあります。

自宅で制作したいくつかのハンドメイド作品をお小遣い程度で商品として販売したいという場合は、ネットショップ開設サービスではなくminneなどのハンドメイドマーケットプレイスの利用がおすすめです。

まとめ

ここまで、minneでハンドメイド作品を販売したいというハンドメイド作家の方に向けて、販売時に発生する手数料や売上金の例について紹介しました。他サービスとの各手数料の比較をしたうえで、minneのお得さ・手軽さをより強く感じた方も多いのではないでしょうか。

minneはハンドメイド販売サイトの代表格という存在でありながら、シンプルな手数料設定が魅力です。制作したハンドメイド作品を多くの方に売りたい・多くの方の目に触れてほしいという方は、ぜひminneを利用してみてはいかがでしょうか。