PageTop

カテゴリー【ハンドメイド】の記事一覧

ハンドメイド作品の販売方法は5つ!メリット・デメリットを比較

ハンドメイド 初心者さん向け 6 view

ハンドメイド作品の販売方法は5つ!メリット・デメリットを比較

アクセサリーやバッグなどのハンドメイド作品を作っている人の中には、「ハンドメイド作品を販売したいけど、どのような方法があるのかわからない」という人も多いのではないでしょうか。 ハンドメイド作品の販売方法には、ネットショップ、フリマアプリ、イベント出展などさまざまな方法があります。当記事では、ハンドメイド作品の販売方法とメリット・デメリットについて詳しく説明するため、自分に合った販売方法を選ぶ際の参考としてください。 【ハンドメイド】5種類の販売方法 ハンドメイド作品を販売する方法としては、ハンドメイドマーケット、ネットショップ、フリマアプリ、イベント出展、委託販売の5つがあります。 効果的に販売するためには、それぞれの販売方法のメリット・デメリットを把握することが大切です。以下では、各販売方法のメリット・デメリットを紹介します。 ハンドメイドマーケット ハンドメイドマーケット ハンドメイドマーケットとは、ハンドメイド作品を専門に販売するサイトのことです。Webサイト上で、作り手とユーザーが取引をし、販売サイトが決済代行をします。例えば「minne」や「Creema」や「iichi」といったサイトが有名です。 <メリット> 登録・出品に費用はかからない 多くの閲覧者に見てもらえる 売上金は、販売サイトが回収する さまざまな決済方法に対応できる ハンドメイドマーケットのメリットは、登録・出品にお金がかからないことです。写真と紹介文をサイトに掲載するだけで気軽に始められます。また、掲載サイトには多数のサイト訪問者がいるため、多くの人に作品を見てもらうことが可能です。 売上は、販売サイトがユーザーから回収するため、代金が未払いとなる危険性もありません。カード決済やコンビニ支払いといった多様な決済方法に対応することも可能です。 <デメリット> 販売手数料や振込手数料がかかる 出品者が多いため、目立たない 注文の受付、発送、問い合わせ対応は自身で行う ハンドメイドマーケットのデメリットは、販売の都度、販売手数料を販売サイトに支払わなければならないことです。また、売上金を銀行口座で受け取る際の振込手数料も、販売者の負担となります。 また、競合する出品者が多いため、出品しても目立ちにくい点が挙げられます。また、注文の受付や発送、問い合わせ対応といった作業も自分で行わなければなりません。 ネットショップ ネットショップは、インターネット上に自分専用の販売サイトを作り、販売する方法です。ハンドメイドマーケットと異なり、自分でサイトを運営するため、販売手数料を支払う必要はありません。 「BASE」「STORES」といったネットショップ作成サービスを活用することで簡単に作ることも可能です。 <メリット> 出品費用・販売手数料がかからない 好みにあったデザインのページにすることができる ネットショップのメリットは、出品費用がかからないうえに販売手数料もかからないことです。販売手数料がかからない分、収入を確保しやすくなります。また、ネットショップのデザインを自分の好きなテイストで作りこむことが可能です。 <デメリット> 集客が難しい 注文の受付、発送、問い合わせ対応は自身で行う必要がある ネットショップのデメリットは、ショップ開設後、自力で集客を行わなければならないことです。ショップで購入してもらうために、自力でサイト情報を拡散するなどして認知度や集客力をあげる必要があります。 また、注文の受付や、発送作業、問い合わせも全て自分で行わなければなりません。 フリマアプリ フリマアプリとは、アプリを使って個人間で売りたい商品を売買する方法です。手作り作品も多く扱われており、ハンドメイドマーケットと同じく商品の画像と説明文を用意するだけで気軽に始めることができます。 代表的なアプリとしては「メルカリ」「ラクマ」「PayPayフリマ」などが有名です。 <メリット> 年代・性別問わず利用者数が多い アプリの運営会社が決済を代行してくれる 出品しやすく購入しやすい仕組みや機能が整っている フリマアプリのメリットとしては、利用者が多いことが挙げられます。普段ハンドメイド作品に関心のない人など、幅広い購入者層の目に触れることも可能です。 運営会社が決済代行サービスを行うため、個人間の金銭のやり取りがなく、安心して取引をすることができます。 また、匿名で配送できるなどユーザーフレンドリーな仕組みや機能が多く、気軽に利用できることもメリットの一つです。 <デメリット> 値引きの依頼をされることがある 注文の受付、発送、問い合わせ対応は自身で行う フリマアプリのデメリットは、フリマアプリでは値引き依頼を受ける可能性があることです。価格設定通りに販売できないことが少なくありません。また、注文の受付や、発送、問い合わせ対応は自身で行います。 フリマアプリの注意点は、購入者が商品を受け取り、商品を評価してようやく取引成立となる点です。発送の不備で商品評価が下がることがないよう発送も丁寧に行いましょう。 イベント出展 イベント出展 イベント出展とは、ハンドメイド作家の集まる販売イベントなどに出展することです。ユーザーと直接対面で販売を行います。 「minne」や「Creema」といったハンドメイドマーケットが主宰で行うイベントも少なくありません。 <メリット> ユーザーに直接作品を見てもらえる ユーザーの反応をダイレクトに見ることができる […]

2021.09.15
ハンドメイド販売で副業する方法!売れやすい人気商品も徹底解説

ハンドメイド 6 view

ハンドメイド販売で副業する方法!売れやすい人気商品も徹底解説

ハンドメイド作品の製作は、細かい作業が好きな人や、空いた時間にコツコツと作業を続けられる人に向いている趣味の1つです。スキルに自信を持っている人のなかには、「趣味としてだけでなく副業としてお小遣いを稼げないか」と考える人もいるでしょう。 そこで今回は、ハンドメイド販売で副業を始める方法と、売れやすい人気商品について解説します。隙間時間やハンドメイド製作のスキルを活用して収入を得たいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。 ハンドメイド販売は副業になる? ハンドメイド販売は、趣味を続けながらちょっとしたお小遣いを稼ごうと考える人にとって、おすすめの副業です。下記は、ハンドメイドマーケットの「minne」に登録している主婦・主夫のハンドメイド作家が、1ヶ月のハンドメイド活動で得られた収入の調査結果です。 金額 割合 1~5,000円未満 27.0% 5,000~10,000円未満 13.5% 10,000~20,000円未満 12.4% 20,000~50,000円未満 17.3% 50,000~100,000円未満 9.1% 100,000円以上 4.9% なし・わからない 15.7% 出典:「minne byGMOペパボ」調べ「ハンドメイド 主婦・主夫作家の意識調査」 金額別にみると、1ヶ月の収入が5,000円未満と答えた人が27%で最も多く、次いで20,000~50,000円未満が17.3%です。主婦・主夫に対する調査結果であるため、ハンドメイド販売は短い時間でもある程度の収入が期待できる副業といえます。 ハンドメイド販売で副業を始める方法 実際に副業をした経験がない人にとっては、副業の始め方が難しく感じられることもあるでしょう。しかし、ハンドメイド作品さえ用意できれば、ネット販売の経験がなくても4つの工程を経るだけで、気軽に副業を開始できます。 ここでは、ハンドメイド販売を始める方法をステップごとに解説します。 STEP1:アカウントのコンセプトを考える ハンドメイド販売を始めるにあたって、まずはアプリやサイトに登録するアカウントのコンセプトを考えましょう。コンセプトの設定によって、「どのような作品を販売するか」「どういったお客様を想定するか」といった点が変化します。 コンセプトを考えるときは、下記の点を踏まえることが重要です。 陳列する作品の種類 作品の方向性・系統 ショップのレイアウト・雰囲気 主なターゲット層 作品の価格帯 ハンドメイド販売では、「好きな商品を好きなだけ作って販売する」ことも可能です。しかし、品ぞろえに統一感のあるショップほど1つのブランドとして認知されやすく、固定ファンの獲得も期待できます。 STEP2:作品を売るアプリ・サイトを決める アカウントのコンセプトが決まったら、ハンドメイド作品を販売するアプリ・サイトを決めましょう。 ハンドメイド作品を探すお客様の多くは、知名度と信頼度の高いハンドメイドマーケットプレイスや、ネットショップを利用する傾向です。初めてハンドメイド作品を販売するときは、利用者数が多い大手のアプリ・サイトを選んだほうが作品が売れやすくなります。 下記は、ハンドメイド販売で代表的なアプリ・サイトの概要です。 minne 初期・維持費用 無料 販売手数料など 10.56% 出品者の傾向 初心者~プロレベル 備考 国内最大級のハンドメイドマーケットプレイス 若者・女性が多い 価格帯は安め Creema 初期・維持費用 無料 販売手数料など […]

2021.09.15
まつり縫いとは?手縫い・ミシン縫いのやり方を丁寧に解説

ハンドメイド お裁縫 9 view

まつり縫いとは?手縫い・ミシン縫いのやり方を丁寧に解説

まつり縫いは、表の縫い目が目立たないように縫う方法であり、「裁縫の基本」とも言える縫い方です。基本的には手縫いで行うことも多いものの、専用の道具を使用することでミシンでも簡単にまつり縫いを行うことができます。 また、まつり縫いとひとくちに言っても、あらゆる種類・手法が存在します。生地の素材や厚さなどによって適切なまつり縫いの種類が異なるため、しっかり覚えておきましょう。 今回は、まつり縫いの基礎知識として、概要や種類から各種類のやり方とポイント、さらにミシンでまつり縫いをする方法まで詳しく解説します。洋服を繕いたい方や趣味や副業でハンドメイドを始めた方は、ぜひ参考にしてください。 まつり縫いとは?どんな種類がある? まつり縫いとは、生地の表側に縫い目を目立たせないように縫い留める手法です。主にスカートやズボンの裾上げ・裾直しをするときや、ワッペンを縫い付けるときに使用される縫い方で、手縫いで簡単に行えるという魅力も持っています。 まつり縫いの中でも、下記のようにあらゆる縫い方が存在しており、用途に合わせて適切な縫い方を選ぶことが可能です。 ななめまつり 奥まつり たてまつり コの字まつり 千鳥がけ ここからは、各種類の特徴や適切なシーンとやり方・コツを詳しく解説します。 まつり縫い(1)ななめまつりのやり方 ななめまつり縫いは、その名の通りななめに縫いつける方法で、スカートやズボンの裾上げによく用いられるやり方です。まつり縫いの中でも最も基本的な縫い方で、「流しまつり縫い」とも言われます。 ななめまつり縫いの具体的な手順は、下記の通りです。なお、ななめまつり縫いに限らず縫い始めは必ず玉結びをしてください。 (1) 生地を三つ折りにして、折り山の端から表側に針を出す (2) 布の表面を小さめにすくう(すくった部分が表側に出る) (3) 少し進んだ縫いしろの裏から再度折り山の表側に針を出す (4) (2)と(3)を繰り返し、玉止めをして完成 ななめまつり縫いの縫い目幅は、アイテムによって調節が必要となります。小さめのアイテムであれば1センチ未満、スカートやズボンの裾上げであれば1センチ以上2センチ未満で問題ありません。 まつり縫い(2)奥まつりのやり方 奥まつり縫いとは、布と布の間に糸が隠れるようなやり方です。表側だけでなく裏側の縫い目も目立たずほつれにくいことが特徴で、ななめまつり縫いと同様にスカートやズボンの裾上げによく行われます。 奥まつり縫いの具体的な手順は、下記の通りです。 (1) 布を折り返し、縫いしろの裏側から針を出す (2) 5ミリほど進んだ布の表面を小さめにすくう (3) 折り山の表側から針を出す(すくった布の表面くらいの小ささ) (4) (2)と(3)を繰り返し、玉止めをしたあと折り返しを元に戻して完成 奥まつり縫いをきれいに行うためには、最初の準備が重要です。事前に折り目をしっかりと付けて、布がズレないようにまち針を刺すなどしましょう。また、糸を引っ張るときに力が入っているとシワとなりやすいため、程よい力加減で糸を引くこともポイントです。 まつり縫い(3)たてまつりのやり方 たてまつり縫いとは、表側に縦方向の縫い目が目立つようなやり方です。ワッペン・名刺などのアップリケやパイピングに適した縫い方で、あえて糸の色を変えることでデザインのアクセントにもなります。 たてまつり縫いの具体的な手順は、下記の通りです。 (1) ワッペンなど貼り付けたいアイテムの生地裏側から針を出す (2) アイテムを貼り付けられる生地に、表側から垂直に針を刺す (3) 1ミリ程度進んで、裏側から再度針を出す (4) (2)と(3)を繰り返し、裏側もしくはワッペンの中で玉止めをして完成 たてまつり縫いの場合、表側は垂直にまっすぐ糸が渡りますが、裏側はななめに糸が渡るような形です。縫い目の始まりがバラバラだと統一感が出ずやや汚く見えてしまうため、均等に縫うことがポイントと言えます。 まつり縫い(4)コの字まつりのやり方 コの字まつり縫いとは、その名の通り折り山部分に「コの字」で糸を通していくやり方です。表側・裏側の縫い目が目立たないため、返し口を閉じるときや破れた・穴があいた洋服を修復させるときにコの字まつり縫いがよく行われます。 下記では、返し口を閉じるときのコの字まつり縫いの具体的な手順を紹介します。 (1) 返し口の少し手前の縫い目裏側から、表側に針を出す (2) 手前側の折り山を、直角に3ミリ程度すくって針を通す […]

2021.09.15
フェルトの種類10選|フェルトの概要・大手メーカーも解説!

ハンドメイド 6 view

フェルトの種類10選|フェルトの概要・大手メーカーも解説!

フェルトは、安価で手軽に入手できるため、手芸素材として幅広く利用されています。しかし、フェルトの詳しい種類や選び方がよくわからないという人もいるのではないでしょうか。フェルトには種類ごとに異なる特徴があるため、用途によって使い分けることが大切です。 当記事では、フェルトの基礎知識やフェルトと不織布の違い、フェルトの大手メーカーを紹介します。フェルトの種類ごとの特徴や最適な利用方法もまとめているため、手芸する際のフェルト選びに迷っている人は最後まで目を通してみてください。 フェルトとは? フェルトとは、羊毛などの動物繊維に圧力や摩擦を加えてシート状にした布の総称です。石鹸液などのアルカリ性溶液や希硫酸などの酸を使い、獣毛の表面にある鱗上のキューティクルを開いて毛端を絡ませ、布状に密着させることで作られます。 フェルトの特徴は、保温性や耐熱性、遮音性、弾力性に優れていることです。そのため、防音材や断熱材にもフェルトは使われています。身近なところでは、帽子・鞄・ペン先・カーペット・自動車の内装もフェルトで作られることがあります。 フェルトと不織布の違い 不織布とは、繊維を織らずに機械的な工程を加えて作るシート状の素材です。フェルトは基本的に羊毛などの動物繊維を用いるのに対し、不織布の素材は化学繊維から天然繊維まで多岐にわたります。不織布の製法には、以下のような種類があります。 湿式不織布 ニードルパンチ サーマルボンド ケミカルボンド スパンレース 不織布は安価で大量生産ができることから、キッチン用品や生活雑貨など、日常のさまざまな場面で活用されています。また、密度や厚みを変更することで機能性を簡単に付与できるため、医療・衛生分野の製品、建材、工業・産業資材、農業・土木資材でも応用されています。 手芸用フェルトの大手メーカーは? 手芸用フェルトの大手メーカーは、主に以下の2つが挙げられます。 サンフェルト 国内No.1のカラーフェルトメーカー「サンフェルト」では、ウールと天然由来素材のレーヨンを使用した環境に優しいフェルトを多様なカラーバリエーションで用意しています。サンフェルトのフェルトは、1反1反丁寧に染め上げた、均一性のある美しい発色が魅力です。製造時にホルムアルデヒドを含む原料は使用していないため、安全性を心配する必要はありません。 ハマナカ 「ハマナカ」は1940年の創業以来、手芸手あみ糸を製造発売しているメーカーです。ハマナカでは、扱いやすさと仕上がりの良さにこだわった羊毛を、すべて国内で製品化していることが特徴です。毛糸作りで培った羊毛の知識を活かし、さまざまな用途の素材を開発しているため、初心者からも厚い支持を得ています。 フェルトの主な種類10選 フェルトは、素材や製法の違いによっていくつかの種類に分けられます。そのため、作りたい作品に合わせて、最適なフェルトを選ぶ必要があります。 フェルトを購入できる場所は、大型手芸店・東急ハンズなどの雑貨店・100円均一ショップ・ネットショップなど、さまざまです。その中でも、今回は代表的な大型手芸店である「ユザワヤ」の商品をもとにフェルトの主な種類を解説します。 ハードフェルト 出典:https://www.yuzawaya.shop/shopdetail/000000059982/ct22/page3/order/ ハードフェルトは、樹脂加工を施した、硬く張りのあるシートフェルトです。紙のような材質で扱いやすいため、立体物も簡単に作ることが可能です。素材の持つ張りを活かし、写真撮影用のフォトプロップスを作ったり、スクラップブッキングに使ったりすることができます。 アイロン接着フェルト 出典:https://www.yuzawaya.shop/shopdetail/000000026883/ct22/page3/order/ アイロン接着フェルトは、アイロンで貼り付けられるフェルトです。アイロンの熱で溶ける接着のりが付いており、熱が冷めると接着のりが固まるため、ほかのフェルトや布に貼り付けることができます。アイロン接着フェルトにはウォッシャブルフェルトが使用されており、洗濯も可能です。はさみで好きな形にカットしてオリジナルアップリケやフェルトのはり絵を作ったり、ほつれ補強などにも利用したりできます。 ミニーフェルト 出典:https://www.yuzawaya.shop/shopdetail/000000064675/ct22/page1/order/ ミニーフェルトは、ウール60%・レーヨン40%の割合で作られた、手芸に最適なフェルトです。豊富なカラーバリエーションがあり、自分の好みに合う色を見つけることができます。生地が柔らかくスムーズに針を通すことができ、小さな物でも加工しやすいため、マスコットやブックカバーなど、オリジナル雑貨を作る際におすすめです。ただし、水洗いで洗濯することはできないため、ドライクリーニングにする必要があります。 ウォッシャブルフェルト 出典:https://www.yuzawaya.shop/shopdetail/000000026692/ct22/page4/order/ ウォッシャブルフェルトは、洗える素材で作られたフェルトです。「色落ちしにくい」「縮みにくい」「しわになりにくい」という特徴があり、水洗いもできるため、汚れやすい子ども用品にも使うことができます。布の絵本や布のおもちゃ、袋物のワンポイントのほか、お遊戯会やハロウィンで使う冠・王冠・衣装作りにも適しています。 ワンタッチフェルト 出典:https://www.yuzawaya.shop/shopdetail/000000026790/ct22/page6/order/ ワンタッチフェルトは、洗うことのできるウォッシャブルフェルトを使用した、シールタイプのフェルトです。裏面のはくり紙が方眼紙になっているため、図案をえんぴつなどで写しておけば、はさみで簡単に好みの形に切ることができます。カットした切り口がすぐにほつれることもありません。ペットボトルや布地など幅広い素材に貼れるほか、カードのデコレーションやアドベントカレンダー、衣装のワンポイント装飾にもおすすめです。 イタリアンカラーフェルト 出典:https://www.yuzawaya.shop/shopdetail/000000026620/ct22/page7/order/ イタリアンカラーフェルトは、パッと目を引くようなヨーロピアンカラー・濁りのないビタミンカラーが特徴のフェルトです。2mmの厚手となっているため丈夫で柔らかく、手芸作品はもちろん、雑貨小物を作るときにも最適です。華やかな色味を活かし、ガーランドやオーナメントとして利用することもできます。 ラメフェルト 出典:https://www.yuzawaya.shop/shopdetail/000000059991/ct22/page2/order/ ラメフェルトは、ラメのグリッターをかけたポリエステル100%のフェルトです。ラメフェルトを使えば、従来のフェルトでは表現できなかった、キラキラとした輝きのアイテムを作ることができます。アクセサリーやアップリケなど、服飾雑貨の製作にも最適です。 マーブルフェルト 出典:https://www.yuzawaya.shop/shopdetail/000000063336/ct4772/page1/order/ マーブルフェルトは、シックでおしゃれな色合いが特徴のフェルトです。深いグリーンやワインレッド、藍色など、従来のカラフルなフェルトのイメージとは違った落ち着きのあるカラーが展開されています。インテリアになじむ色合いのため、切り抜いたフェルトを額に入れてアート作品にしたり、おしゃれなニュアンスカラーを活かしてブローチなどのファッション小物を作ったりするのに適しています。 羊毛フェルト 出典:https://www.yuzawaya.shop/shopdetail/000000057503/ct31/page1/order/ 羊毛フェルトは、染色していないナチュラルなウールを100%使用したフェルトです。ニードルで刺して動物の毛にあるキューティクルを絡ませれば、フェルト化させて立体的な作品を作ることが可能です。羊の品種によって風合いが異なるため、作品によって羊毛フェルトを使い分けましょう。ニードルを刺して作る羊毛フェルトは、動物などの作成キットが多く販売されているため、初心者でも始めやすいことが特徴です。手染めや手つむぎのほか、太く強度のある繊維を活かし、バッグなどを作ることもできます。 モチーフフェルト 出典:https://www.yuzawaya.shop/shopdetail/000000015279/ct4844/page1/order/ モチーフフェルトは、花や葉などのモチーフの形に型抜きされたフェルトです。カットする手間がないため、簡単にアクセサリーを作ったり、小物を装飾したりすることができます。たとえば、花のモチーフフェルトを何枚も重ねれば、ボリュームのある華やかなアクセサリーに仕上がります。モチーフフェルトには色とりどりのカラーが入っており、ほかのモチーフと組み合わせることもできます。 まとめ フェルトとは、原料の羊毛を編んだり織ったりせず作られた布状の素材です。はさみで切ってもほつれることがないため、好きな形に自在にカットして使うことができます。最近では、化学繊維を利用したフェルトや洗濯できるフェルトなど、用途に合わせてさまざまなフェルトが販売されています。 手芸に適したフェルトがほしいときは、まず手芸大型店の公式サイトを確認するとよいでしょう。手芸大型店では、多種多様なフェルトを販売しています。フェルトの種類ごとの特徴を踏まえた上で、目的に合うフェルトを選んでみてください。

2021.09.15
ミサンガとは?プロミスリングの違いや色・着ける場所の意味

ハンドメイド 10 view

ミサンガとは?プロミスリングの違いや色・着ける場所の意味

ミサンガは、さまざまな色の組み合わせがおしゃれなアクセサリーとして流行しています。ミサンガをハンドメイドする際は、色使いや着ける場所による意味の違いも理解したうえで、お守りになるミサンガを作りたいものです。 そこで当記事では、ミサンガの由来や色別に表す内容の違い、着ける位置ごとの意味について解説します。お守りとして効果的なミサンガを手作りしたいときは、ミサンガに関する由来や意味を知っておきましょう。 ミサンガとは? ミサンガとは、さまざまな色の刺繍糸などを編んだアクセサリーで、手首や足首に巻きつけて使います。ポルトガル語で「ビーズ」を意味する「micanga」が名前の由来です。しあわせを願うお守りや、ブレスレットとして日本でも人気があります。 ミサンガには多くの種類があり、太さや色の組み合わせも多彩です。シンプルな編み紐のみ、ビーズを編みこんだもの、イニシャルのような文字やモチーフを組みこんだものなど、作り方は無限にあります。用途・目的に合わせて、ミサンガのデザインを選びましょう。 ミサンガが切れる意味 大事に身に着けていたミサンガが切れてしまうと驚く人もいるでしょう。しかし、ミサンガは、自然に切れたときに願いが叶うアイテムとされています。お守りとしてミサンガを身に着ける場合は、具体的な目的や願いを込めて願い事に応じた場所に結び、自然に切れるまでは外しません。 入浴時・スポーツ時など通常はアクセサリーを外す場面でも着け続けることで、ミサンガに願いを叶えるためのパワーが蓄積されます。そして、ミサンガが切れるときは、パワーがたまりきった合図です。生活スタイルにもよりますが、ミサンガを身に着けてから自然に切れるまで1~3年程度かかります。 切れたあとのミサンガは、速やかに処分することが正解です。「捨てる」「燃やす」「土に埋める」など、自分に合った方法を選びましょう。 ミサンガの由来と流行した理由 ミサンガの由来には諸説あります。ミサンガの由来に関する代表的な説は、下記の2つです。 ・ポルトガルの教会発祥 ポルトガルにあるポンフィン教会で願い事を込めて作られていた、手や足に結ぶ紐「フィタ」が発祥とする説です。 ・古代メキシコの風習 災害やよくない出来事から家族を守るため、風習として腕に巻きつけていた紐が発祥とする説もあります。なお、災厄除けのため腕に紐を巻くことは、現在も行われている風習です。 来日したブラジル人サッカー選手が、勝利の願いを込めてミサンガを巻いていたことがきっかけで、日本でもミサンガが流行します。日本のサッカー選手もミサンガを巻くようになった結果、今度はサポーターにミサンガが広まり、Jリーグブームの中で若者たちの間にも大きな人気となりました。 ミサンガとプロミスリングの違い ミサンガと同じように手首に巻く紐状のものに、プロミスリングと呼ばれるものがあります。プロミスリングとは、ミサンガの別名です。そのため、紐状で手首などに巻くものは、たとえプロミスリングと呼ばれていたとしても、ミサンガと同様の意味を持っています。特に、日本でミサンガが流行した当初は、プロミスリングの名称がよく使われました。 ただし、プロミスリングには指輪を意味するケースもあります。指輪のプロミスリングはミサンガとはまったく違うものであるため、注意が必要です。「約束」を意味する英語の「promise」に由来するプロミスリングは、主に男女間で愛情を誓う場合に贈られる指輪を指します。 ミサンガの色で変わる「お守りの意味」 ミサンガは、使う色によってお守りの意味が変わります。お守りとして手作りのミサンガを渡したい場合は、相手の願いを踏まえて、適切な色選びをすることがポイントです。 色 意味 白 落ち着き、健康、爽やかさ、リセット 黒 意志、好意、魔除け 赤 運動、仕事、勝負、情熱 青 学問、爽やかさ、仕事、直観 黄 笑顔、学問、金運、向上 緑 金運、健康、対人運、リラックス オレンジ 笑顔、エネルギッシュ、希望、友情 紫 芸術性、才能、精神力、忍耐力 ピンク 結婚、女性らしさ、安らぎ、恋愛 灰 仕事運 ミサンガは色ごとに複数の意味があります。また、別の色でも同じ意味を持つものもあるため、ハンドメイド作品を制作する際などは意識するとよいでしょう。 ミサンガの色の組み合わせ例 ミサンガは同じ色の糸の本数が増えると、その色の持つ意味が強くなります。叶えたいことがはっきりしている場合は、多くの色を用いずに対応する色の本数を増やしてもよいでしょう。願い事に応じたおすすめの組み合わせ例は、下記のとおりです。 願い事 おすすめの組み合わせ例 恋愛運を上げたい 恋愛運を向上させて女性の魅力を引き出すピンクに、情熱を表す赤を組み合わせることで、アピール力が向上するでしょう。爽やかさを表す白を添えることで、好感度アップも期待できます。 金運アップさせたい 金運向上を願う場合は、黄と緑を中心に構成するとよいでしょう。黄も緑も金運を意味する色のため、2色の相乗効果で願いを叶えるパワーがアップすると期待できます。 健康運を向上させたい 健康面が気になるときは、白と緑の組み合わせが最適です。2色とも健康の意味を持つことに加え、緑のリラックス効果で心身ともに健康になれるでしょう。 心を落ち着かせ集中したい […]

2021.09.15
【刺繍の種類】基本のステッチ7つ・世界の刺繍7つを紹介!

ハンドメイド 刺繍・刺し子 7 view

【刺繍の種類】基本のステッチ7つ・世界の刺繍7つを紹介!

刺繍はハンカチなどの小物から洋服、テーブルクロスといった日用雑貨、アート作品まで、幅広く楽しまれる手芸品です。ミシンなどでさっと縫うこともできますが、手縫いの優しい風合いや醸し出す温かさ、素朴なかわいらしさを好む人は多くいます。上級者ともなれば、職人並みの豪奢な技物を仕上げる人も珍しくありません。 そこで今回は、刺繍を始めるに当たって押さえておきたい、基本の刺繍ステッチを7種類紹介します。世界の代表的な刺繍も紹介するため、作りたい作品のイメージを膨らませる参考にしてください。 手芸の基本として押さえたい!刺繍ステッチの種類7つ 刺繍ステッチを始める際には、下記のアイテムをそろえましょう。刺繍スターターキットなどでまとめて購入することもおすすめです。 刺繍する布 刺繍針 刺繍糸 糸切りはさみ 刺繍枠 糸通し 指ぬき チャコペン 刺繍ステッチの種類は何百もあるといわれるほど、さまざまな技巧が凝らされた作品が多数あります。しかし、一見複雑に見える図案でも、よく見ると複数の基本ステッチを組み合わせるだけで縫い上げられるデザインは少なくありません。刺繍の作品作りへ取り組む前に、基本のステッチをしっかりと身につけることが大切です。 ここでは、刺繍の基本的なステッチ7種類を紹介します。 ランニングステッチ ランニングステッチとは、刺繍ステッチの中でも基本となる縫い方です。布を「表・裏・表・裏」と交互に縫うため、点線や破線のような見た目に仕上がります。糸の長さが均一にそろうと美しく仕上がるため、縫い目の間隔を意識しながら練習するとよいでしょう。 ランニングステッチを使った刺繍には、「刺し子」などが代表的です。裁縫では「なみ縫い」「ぐし縫い」と呼ばれ、仮縫いをするときやギャザーを作るときに使われます。 バックステッチ バックステッチとは、裁縫の「本返し縫い」と同じように、布の表側で針を1目分戻し、裏で2目分縫い進める縫い方です。ミシン縫いのように、糸の間隔が詰まった縫い上がりとなります。 直線や輪郭線を表現する場合や、イニシャルなどの文字を刺繍する際に多用される縫い方です。糸を強く引きすぎず、軽く膨らみを持たせることで美しく仕上がります。 クロスステッチ クロスステッチとは、布の表で糸が「✕」の形に「クロス」するように、マス目に沿って針を刺す縫い方です。手芸初心者にも取り組みやすく、ロジックパズルのような絵柄に仕上がります。 クロスステッチには、布の折り目を割らないクロスステッチ専用の針や、マス目を数えやすく織られた専用の布を使うケースがほとんどです。全てのマス目で糸が交差する順番をそろえると、クロスステッチが美しく仕上がります。 チェーンステッチ チェーンステッチとは、一針ごとに糸をくぐらせながら、鎖(チェーン)状に連なった模様を作る縫い方です。細い糸を使うと繊細な線やシャープな印象の線を、太い糸を使うと三つ編みや編み物の表面に似た独特の風合いを表現できます。 直線・曲線・輪郭線以外に、面を埋める際にも利用できる、使用用途の幅広いステッチです。裁縫では「環縫い」と呼ばれ、ジーンズなどの縫い目でよく見られます。 アウトラインステッチ アウトラインステッチとは、糸を少しずつずらして重ねながら縫い進める縫い方です。二つ編みや縄のような見た目で、太く立体感のある縫い上がりとなります。 「アウトライン」の言葉通り、図案の輪郭線や外枠を引くときに適しており、滑らかな曲線が表現できるステッチです。重ねる糸の幅を少なくすると細く繊細な線を、糸の幅を多くとると太くずんぐりした線を表現できます。 サテンステッチ サテンステッチとは、糸を平行に縫いつけることで面を塗りつぶすように埋める縫い方です。縫い上がりの表面がサテンのような光沢を出すことから、「サテン」ステッチといいます。 立体感を出しやすく、使用できるモチーフの幅広さが特徴です。糸がよれないように気をつけると、綺麗な仕上がりとなります。また、力加減が緩過ぎると糸が浮いたり、きつ過ぎると布にしわが寄ったりするため、程よい力で糸を引けるように練習しましょう。 ブランケットステッチ ブランケットステッチとは、布の端をぐるりとかがることで、布の縁から糸がほつれたり綿がこぼれたりする可能性を下げる縫い方です。ブランケット(毛布)の縁かがりによく使われることで、「ブランケット」ステッチと呼ばれます。 刺繍の縁をかがって額縁のような表現に使う他、布を綴じ合わせる際やアップリケを縫いつける際にも使用されるステッチです。ステッチの高さや幅が均一となるように縫うと、綺麗に仕上がります。 手芸好きは知っておきたい!世界の代表的な刺繍の種類7つ 刺繍は古来から世界中で行われており、正確な起源はわかっていません。しかし、少なくとも紀元前のエジプトでは刺繍が行われていた形跡が発見されており、日本でも飛鳥時代には複雑な図案の刺繍が作られていました。 刺繍は長い時間をかけて世界の国ごとに独自の発展を遂げており、各地域によって多用される図案や色柄などに特色があります。民族衣装などで目にしたことがある人も多いでしょう。ここでは、世界でも代表的で人気の高いおすすめの刺繍を7種類紹介します。 【イタリア】プントアンティーコ イタリアの「プントアンティーコ」は、「古典的なステッチ」という意味を持つ伝統的な刺繍です。クロスステッチのように布の織り糸を数えて、アラビア風のモザイク模様と幾何学模様を組み合わせた図案を刺繍します。 布に穴を開けて縁をかがることでレース編みのような模様が縫い上がり、繊細な仕上がりとなることが特徴です。少なめの色数・落ち着いた色味で刺繍することが多く、図案自体は豪奢かつ精緻でありながらシンプルな印象も与えます。「ドロンワーク」や「ハーダンガー刺繍」の源だともいわれています。 【フランス】フランス刺繍 フランスの「フランス刺繍」は、ヨーロッパ風の刺繍の総称として使われる呼び方です。刺繍する生地や糸、カラーに大きな制約がなく、ビーズやリボンを縫い込む手法もあります。フランス刺繍にはさまざまなステッチが使われており指南書なども多いため、初心者にも挑戦しやすい刺繍です。 昔の絵画にもドレス姿の夫人が刺繍を刺す姿が描かれているように、フランス刺繍はかつての上流階級に生きる女性のたしなみでもありました。日本で「刺繍」というときは、「フランス刺繍」のことを指しているケースが多い傾向です。 【インド】カシミール刺繍 インドの「カシミール刺繍」は、色彩が鮮やかで大ぶりな花や精緻な蔦や葉など、主に植物をモチーフとする刺繍です。極細の針で刺し子する「ニードル刺繍」と特殊なかぎ針を使う「アリ刺繍」に大別されます。 ニードル刺繍は「ソズニ刺繍」とも呼ばれ、「ペイズリー柄」としてもよく知られています。「アリ刺繍」は、チェーンステッチの縫い目となることが特徴です。ビーズやスパンコールを縫い込むと、立体的な作品となります。 【ルーマニア】イーラーショシュ ルーマニアの「イーラーショシュ」は、トランシルヴァニア西部のカロタセグ地方に暮らす、ハンガリー人が受け継いできた伝統的な刺繍です。現地では女児の誕生とともに刺繍を開始し、長い年月をかけて完成した作品を嫁入り道具としていました。 赤・青・白・黒を基本とした色鮮やかな太い糸、もしくは単色で一つの図案を縫い上げることが特徴です。ごつごつとした立体感と、素朴で力強いデザインに人気があります。 【タイ】ヤオ刺繍 タイの「ヤオ刺繍」は、主にタイの北方に暮らす「ヤオ族(ミャオ族)」が受け継いできた伝統的な刺繍です。「ヤオ刺し」という技法が使用されており、布の縦糸や横糸に対して平行に縫うため、模様を織り込んだような仕上がりとなります。 動物や植物といった自然がモチーフとなっているものの、見た目は幾何学的な模様に映ることが特徴です。近年は他民族との交流が進んだこともあり、クロスステッチを使って鮮やかな図案を刺繍した作品も増えています。 【ハンガリー】カロチャ刺繍 ハンガリーの「カロチャ刺繍」は、ハンガリー南部にあるカロチャ地方の民芸品に多く使われている刺繍です。一般家庭で代々受け継がれてきた歴史があり、主に草花や農作物などの身近な植物をモチーフとし、さまざまな色を使用してカラフルに仕上げます。 […]

2021.09.15
minneの手数料はいくら?他社サービスと比較すると高い?

ハンドメイド おすすめ販売サイト 5 view

minneの手数料はいくら?他社サービスと比較すると高い?

「minne(ミンネ)」は、GMOペパボ株式会社が運営する、1,000万点以上のハンドメイド作品が取り扱われた代表的なハンドメイドマーケットです。初心者からプロまで多くのハンドメイド作家が制作した、世界に一つしかない特別な作品が多数販売されており、女性を中心に人気があります。 ハンドメイド作品のフリマサイト・アプリは数多く存在しますが、minneはその中でも利用ユーザー数が格段に多く、ハンドメイド作品を初めて売りたいと考える方にもおすすめと言えるでしょう。 そして、minneを利用するうえで必ず知っておきたいポイントが「手数料」です。今回は、minneでかかる手数料や手数料を引いた売上金の例を徹底的に解説します。 minneでかかる手数料 minneでは、制作したハンドメイド作品を販売する「作り手(販売者)」となるための登録料や出品料は無料で、月額費用がかかりません。しかし、販売したハンドメイド作品が買い手(購入者)により注文されたときには、「販売手数料」と「振込手数料」の2つの手数料が発生します。 【minne】2種類の手数料 販売手数料 売れた作品の販売金額×10.56% 振込手数料 一律220円 なお、minneでは上記の手数料により、販売最低価格が300円となっています。300円を下回る額で出品することはできないため、注意してください。 ここからは、販売手数料・振込手数料それぞれの詳細を説明します。 販売手数料 販売手数料とは、自身が販売したハンドメイド作品がユーザー(買い手)によって購入された際に発生する手数料です。 minneの販売手数料は、作品の販売金額×10.56%となっており、毎月1日から月末までの間に確定した売上ごとに発生します。作品の販売金額には、送料と購入オプションの価格も含まれます。送料は一律ではなく、配送方法によって異なることに注意してください。なお、海外ユーザーからの購入においても販売手数料の料率は同様です。 小数点以下は切り捨てとなるため、例えば作品価格1,000円・購入オプション価格100円・送料315円で販売していたハンドメイド作品が売れた場合、販売手数料は「149円」となります。 1,000円(作品価格)+100円(購入オプション価格)+315円(送料)=1,415円 1,400円×10.56%=149.424円 → 149円 振込手数料 振込手数料とは、minneでハンドメイド作品を販売した作り手に向けて、minneが売上金を振り込む際に発生する手数料です。 minnneの振込手数料は売上額にかかわらず一律220円となっています。販売した作品ごとに発生するのではなく、1ヶ月分の売上代金がまとめて振り込まれる際に発生します。 minneでは売上額が1,000円を超えた時点、または売上額が1,000円に満たず繰り越しが5ヶ月を超えた時点で、自動的に翌月末に登録口座に売上金が振り込まれます。例えば、各販売手数料を引いた売上額が10,000円だった場合、口座に振り込まれる金額は「9,780円」です。 minneが手数料を徴収する理由 ハンドメイド作品を販売する作り手にとって、手数料は煩わしい存在とも言えます。特に多くの作品が売れるようになると手数料の負担は意外と大きく、「もったいない」と感じることもあるでしょう。ではなぜ、minneでは手数料を徴収するのでしょうか。 minneが手数料を徴収する理由は、「多くの作り手・買い手が便利に感じるサービスを継続させるため」です。 minneを利用すれば、作り手・買い手は下記のようなメリットを受けられます。 作り手のメリット 買い手との仲介をしてくれるため、トラブルが少ない さまざまな決済方法・配送方法を簡単に行える 高機能なホームページを作成したり、運営費を毎月支払ったりする必要がない 比較的簡単に集客やSEO対策ができる 買い手のメリット 作り手との仲介をしてくれるため、トラブルが少ない 一つのECサイト・アプリから豊富なハンドメイド作品をチェック・購入できる さまざまな決済方法を選べる このように、minneでは豊富かつ万全なサポートがあるため、作り手・買い手が安心して利用することができています。サポート体制を維持してもらい、作り手・買い手がいつまでも安心して利用するためにも、手数料を支払うことは仕方のないことと言っても過言ではありません。 minneの手数料を引いた売上金はいくら? 前述の通り、minneでハンドメイド作品を販売しても、設定した販売価格がそのまま自身の手元に渡るわけではありません。実際に口座に振り込まれる金額は、販売手数料と振込手数料が差し引かれた額です。 ここからは、minneで売れたハンドメイド作品の、手数料を引いた売上金(実際に口座に振り込まれる代金)について、例を挙げながら詳しく解説します。 800円のアクセサリーが1つ売れた場合 800円のアクセサリーが1つ売れた場合の販売手数料・振込手数料・実際の振込金額は、下記のようになります。 作品価格 800円 送料 315円 販売手数料 117円 振込手数料 繰り越しとなるため0円 実際の振込金額 振込なしのため0円 購入オプションが設定されていない単純な売上金の計算だと、「800円+315円-117円=998円」で1,000円以下となりました。minneではサイト上で持っている売上金が1,000円以下の場合、翌月末の振り込みは自動的に繰り越されます。次の入金タイミングは、「繰り越しが5ヶ月を超えたとき」と「5ヶ月の間に、売上金が1,000円以上を超えたとき」です。 なお、繰り越しが5ヶ月を超えて振り込まれる際も、220円の振込手数料が発生することを覚えておきましょう。もし998円の売上金を抱えたまま5ヶ月を超えた場合は、998円から220円が差し引かれ、口座には778円が振り込まれます。 800円のアクセサリーが3つ売れた場合 800円のアクセサリーが3つ、それぞれ別の買い手により売れた場合の売上金は、下記のようになります。 […]

2021.09.15
【ミシン針】太さの種類4つ|用途別の種類6つ・特性も解説!

ハンドメイド お裁縫 11 view

【ミシン針】太さの種類4つ|用途別の種類6つ・特性も解説!

ミシンは、名札つけ・裾上げや、ハンドメイドのマスク・入園入学グッズ、洋服作りなどなど幅広い範囲で使用できる手芸道具です。そのため、ホームソーイングでミシンをより一層活用したいと考えている方も多いでしょう。 当記事では、ミシンで使用する「ミシン針」の種類について解説します。ミシン針の特徴や適した糸の種類、ミシン針の購入におすすめの場所も紹介するため、ぜひ参考にしてください。 ミシン針の太さの種類4つ|適した糸の種類も ミシンを使う際には、縫い目の長さやミシンで扱う布地の種類によって、適切なミシン針やミシン糸を選ぶことが大切です。ミシンの針の太さは「○号」といった号数で表され、数字が小さいほど細く、数字が大きいほど太くなります。 また、ミシン糸の太さは「○番」という数字で表され、数字が大きいほど細くなることに注意しましょう。なお、上糸と下糸は同じ番手のものを選ぶことが一般的です。 工業用・職業用ミシンには、16号より太い針や7号といった細い針もありますが、家庭用ミシンでは基本的に9号・11号・14号・16号のミシン針を使用します。 ここでは、家庭用ミシンで主に使用される4種類のミシン針の特徴と、縫い目の長さや適した布地、適切な糸について解説します。 9号 9号のミシン針は、1.8mm~2.5mmの細かな縫い目で縫うことができる針です。ガーゼ・綿サテン・シフォン・ジョーゼット・オーガンジー・ローンなど、薄手の布地を縫う際に使います。 9号のミシン針に使用するミシン糸は、ポリエステル糸であれば60番~90番、綿糸・絹糸であれば50番~80番が適しています。9号のミシン針を薄地に使用する際に、ミシン糸の太さで迷った場合には、まず90番のミシン糸で試してみましょう。 11号 11号のミシン針は、2.0mm~3.0mmの普通の縫い目で縫える針です。ダブルガーゼ・リネン(麻布)・ワッフルの他、ちりめんやブロードなどのワイシャツ程度の普通地を縫う際に使用します。 使用するミシン糸は、ポリエステル糸であれば60番~90番、綿糸・絹糸であれば50番~60番の太さが適しています。ミシン糸の太さに迷った場合は、60番のミシン糸を準備しておくと安心です。 14号 14号のミシン針は、2.5mm~4.0mmといった粗めの縫い目で縫うことが可能な針です。デニム・帆布・ベロア・キルティング・ビニールコーティング地などの厚地を縫う場合に使用します。 使用するミシン糸は、ポリエステル糸の場合は60番、綿糸・絹糸であれば30番~50番が目安です。 16号 16号のミシン針も、2.5mm~4.0mmといった粗めの縫い目で縫える針です。14号のミシン針と同様に、厚手デニム地・帆布・ベロア・キルティング・ビニールコーティング地などの厚手の布地を縫う際に使用されます。 ポリエステル糸・綿糸・絹糸のいずれの場合でも、30番のミシン糸を選ぶことをおすすめします。 【用途別】ミシン針の種類と特性6つ ミシン針は用途によって種類が異なり、主に下記の6種類に分けられます ■【用途別】ミシン針の種類 キルト用 刺しゅう用 レザー用(皮革用) ニット用 デニム用 極薄生地用 ここでは、上記6つの用途に応じたミシン針の特徴と性能について解説します。 ミシン針の大手メーカーには「オルガン針株式会社」「クロバー株式会社」の2つがありますが、ここではオルガン針株式会社のミシン針を例に挙げて説明します。 キルト用 ミシン針を選ぶ際は、針の型番(品番)・針の基本的な寸法・針先形状をチェックしましょう。 ■ミシン針の基本的な寸法 A(軸径)…ミシン針の柄の部分における直径 D(穴上寸法)…ミシン針の穴(糸を通す部分)の上端から柄の部分(上端)までの長さ N(軸寸法)…ミシン針における柄の部分の長さ キルト用には、「HA×1QU」が適しています。 ■HA×1QUの基本情報 型番 HA×1QU 針の寸法 A(軸径):2.02 D(穴上寸法):33.80 N(軸寸法):11.70 針先形状 尖頭細身型(SPI) 「HA×1QU」は針先が細く、尖っている点が特徴です。厚みがあり中綿が含まれているキルト地でもスムーズに針が通るため、キルト地を縫う際にはぜひ活用してください。 刺しゅう用 「HA×1EB」は、刺しゅうに適したミシン針です。 ■HA×1EBの基本情報 型番 HA×1EB 針の寸法 A(軸径):2.02 D(穴上寸法):33.90 […]

2021.09.10
生地の通販サイトおすすめ23選!おしゃれで安い生地を買えるサイト

ハンドメイド おすすめ店舗 5 view

生地の通販サイトおすすめ23選!おしゃれで安い生地を買えるサイト

ハンドメイドに使用する生地を買う際は、生地の取り扱いがある通販サイトを利用すると便利です。通販サイトは生地の種類や柄が豊富に揃っていて、必要な長さにカットしてもらえます。重くかさばる生地を、自宅に配送してもらえる点もメリットです。 通販サイトで生地を買うにあたり、どのように買えばよいかが気になる人も多いでしょう。本記事では、生地を通販サイトで買う際の買い方・注意点と、おしゃれで安い生地を買えるおすすめ通販サイト23選を紹介します。 通販サイトにおける生地の買い方 通販サイトにおける生地の買い方を、2つのステップに分けて解説します。 (1)生地の長さを指定する 生地を買う際は、自分で生地の長さを指定します。生地は生産された時点で布幅が決まっており、幅は指定できません。 生地には買うことができる「最低の長さ」と、指定できる「販売単位」が存在します。たとえば、生地の最低の長さが50cm、販売単位が10cm単位であれば、可能なサイズオーダーは50cm・60cm・70cm……と10cm刻みの数量です。 (2)料金計算を行い、購入手続きに進む 生地の単価は、基本的に1m単位で表示されています。指定した長さの生地がいくらになるかは、下記の計算式で料金計算を行いましょう。 1mの単価×指定した長さ(m)=生地の料金 たとえば、1m単価が550円の生地を、70cmで指定して買う際の料金は、550×0.7=385円となります。 また、生地は必要な量よりも長めに買うことがおすすめです。生地を長めに買っておくと、失敗した際のやり直しがききやすく、ミシンで試し縫いする際は、はぎれを確保することもできます。 通販サイトで生地を買う際の注意点 通販サイトで生地を買う際の注意点を2つ紹介します。 ●キャンセルや返品・交換はできない 通販サイトは注文が確定された時点で、お店側が注文の長さで生地を裁断します。基本的にキャンセルや返品・交換ができないため、注文確定前に生地の種類や長さに間違いがないことを確認してください。 ●商用利用できる生地か 販売されている生地の中には、商用利用NGの生地も存在します。制作した作品を販売したい人は、商用利用できる生地かどうかに注意しましょう。 【定番】生地の通販サイトおすすめ8選 定番の生地の通販サイトは、繊維業界と強いコネクションを持っています。上質な生地を多数揃えていて、品質の確かな生地を購入できる点が通販サイトのメリットです。 また、定番の生地の通販サイトではオリジナル生地を販売しているケースもあります。オリジナル生地は他店舗では入手できない魅力的な生地です。 以下では、定番の生地の通販サイトにおけるおすすめ8選を紹介します。 ユザワヤ公式ネットショップ

2021.09.10
ハンドメイド作品の価格設定!利益が出る適正な値段とは?

ハンドメイド 14 view

ハンドメイド作品の価格設定!利益が出る適正な値段とは?

ハンドメイド作品を出品するとき、価格設定で悩むケースは多いのではないでしょうか。ハンドメイド作品の出品で利益は出したいものの、買ってもらえない価格にはしたくないものです。価格設定に迷ったときに備え、適正な価格の設定方法や対処法を知っておきましょう。 当記事では、ハンドメイド作品の利益が出る適正な価格設定の方法を解説します。適正価格で買ってもらうためのポイントも説明するため、ハンドメイド作品を出品するときの参考にしてください。 ハンドメイド作品の価格設定は安ければいい? ハンドメイド作品を売りたければ安くすればよいのではないか、と価格設定をする際に一度は考えたことがあるのではないでしょうか。しかし、予想に反して安売りはデメリットだらけです。 まず、価格を安くしても思ったほど売れません。理由は、良いイメージを持たれにくいからです。よい作品に見えるにもかかわらず思ったより価格が安いと、顧客の気持ちとして、「実際はよくないものかもしれない」と思ってしまいます。そのため、頑張って安くしても利益や売上にはつながりません。 作品を好きで買ってくれる顧客がつかないことも、デメリットの1つです。安いから買う顧客は、よりお得な商品があればそちらを買います。安易に安売りせず本当に作品が好きなリピート率の高い顧客獲得を目指しましょう。 利益が出る!ハンドメイド作品の価格設定の仕方 利益が出るようにハンドメイド作品の価格設定をする際は、販売価格を、原価に利益を足した額にしましょう。原価とは、そのハンドメイド作品を作るためにかかった材料費などすべての費用を意味します。 そもそも、原価を回収できなければ、赤字確定です。また、原価だけ回収できる価格設定にしてしまっては、利益が出せません。そのため、作品の原価を正しく把握することが利益を出せる価格設定の第一歩といえるでしょう。 STEP1:作品の原価を計算する 適正価格を設定するためには、作品の原価を正しく計算する必要があります。ここで注意したいことは、原価は材料費だけではないということです。原価に含まれる代表的な費用には、次のようなものがあります。 材料費 素材や部品、接着剤など材料の合計金額 材料を購入するためにかかった費用 店舗までの交通費、送料など 作品の製作にかかった費用 製作者の人件費(時給)、光熱費、アトリエの賃料など 作品の販売にかかった費用 販売手数料、梱包費用、配送費など 上記のとおり、作品製作に関係する、ほぼすべての費用が原価の対象です。特に人件費の対象となる作品作りや発送にかかった時間などは、日ごろから意識していないと把握できないため、一度測ってみるとよいでしょう。 STEP2:原価に2~4倍をかける ハンドメイド品の適正価格の相場は、原価に2~4倍をかけた額とされています。自分なりに利益を計上できない場合は、相場に合わせる決め方が安心でしょう。 例えば、原価500円の作品の販売価格を相場に合わせて決める場合の計算式は、次のとおりです。 ・2倍の場合 500円(原価)×2倍=1,000円(販売価格) ・3倍の場合 500円(原価)×3倍=1,500円(販売価格) ・4倍の場合 500円(原価)×4倍=2,000円(販売価格) 材料費が安く済んだときは4倍にするなど、状況に応じて原価率を使い分けてもよいでしょう。 応用編:作品で価格帯を分ける 販売価格の設定の基本に慣れてきたら心理学の法則を活用し、戦略的に価格帯を分けることもおすすめです。具体的には、価格帯を3つに分け、もっとも売れて欲しい作品を真ん中の価格帯に設定します。これは、「極端の回避性」と呼ばれる法則を活用したテクニックです。 極端の回避性とは、極端なものを回避し、ちょうど中間のものを選ぶ行動パターンを指します。また、選択回避の法則から分ける価格帯は3つが適切です。選択回避の法則は、選択肢が多すぎると決断することが難しくなり、結局どれも選ばなくなる可能性が高くなる傾向を意味します。 価格帯を分ける場合は、視覚的にも価格の上下が明確である方が効果的です。上から高い順に縦に並べて配置するとよいでしょう。 ハンドメイド作品の価格設定に迷うときの対処法 「価格設定の仕方を参考に計算してみたものの、この価格で本当によいのだろうか」と思ったときは、次のような対処法を試すとよいでしょう。 市場調査をする 【実店舗を見る場合】 自分の作品に関心を持つ年代の客層が集まる店舗で、市場リサーチをする 似たようなデザインのものを複数確認し、安すぎず高すぎない価格を選ぶ 【インターネット上で確認する場合】 自分の作品を出品するショップで、類似商品がどのくらいの価格で売られているか確認する 自分の作品を検索する場合のワードを想定して検索し、出品する販売サイトに限らず、他のネットショップも含めて価格を調査する 意見を聞く 他の作品を作っている人に確認し、もっとも多い価格帯を採用する 趣味の近い友人に聞く 作品を出品している場所の運営者に相場感を確認する 特に他者に意見を求める場合は、自分の作品に興味を持ちそうな同じ趣味や価値観の相手に聞くことが、正しい意見を聞くためのポイントです。 ハンドメイド作品を適正価格で売るポイント 適正価格の設定方法を知らず最初から安く出品してしまった場合や、販売方法が変わって原価が上がってしまった場合も、諦める必要はありません。ポイントを押さえれば、価格改定をして適正価格で販売することも可能です。 販売方法を変えずに値上げをする際は、原則として告知を十分に行いお客様の納得を得ることを心がけましょう。また、販売方法の変更に伴い価格を変える場合は、差が開きすぎないよう配慮が必要です。 値上げする際は説得力を持たせる 適正価格の設定方法を知らずに最初から安い価格で出品してしまった場合は、価格改定をしても問題ありません。その作品の販売実績がない、ハンドメイド作家として活動期間が短いという場合は、黙って値上げすることも可能です。それ以外の場合は、必ず先に告知をしましょう。 告知文の主なポイントは次のとおりです。 時期 […]

2021.08.20