PageTop

公開日: 2021.09.15
最終更新日: 2021.09.15

ハンドメイド販売で副業する方法!売れやすい人気商品も徹底解説

ハンドメイド販売で副業する方法!売れやすい人気商品も徹底解説

ハンドメイド作品の製作は、細かい作業が好きな人や、空いた時間にコツコツと作業を続けられる人に向いている趣味の1つです。スキルに自信を持っている人のなかには、「趣味としてだけでなく副業としてお小遣いを稼げないか」と考える人もいるでしょう。

そこで今回は、ハンドメイド販売で副業を始める方法と、売れやすい人気商品について解説します。隙間時間やハンドメイド製作のスキルを活用して収入を得たいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

ハンドメイド販売は副業になる?

ハンドメイド販売は、趣味を続けながらちょっとしたお小遣いを稼ごうと考える人にとって、おすすめの副業です。下記は、ハンドメイドマーケットの「minne」に登録している主婦・主夫のハンドメイド作家が、1ヶ月のハンドメイド活動で得られた収入の調査結果です。

金額 割合
1~5,000円未満 27.0%
5,000~10,000円未満 13.5%
10,000~20,000円未満 12.4%
20,000~50,000円未満 17.3%
50,000~100,000円未満 9.1%
100,000円以上 4.9%
なし・わからない 15.7%

出典:「minne byGMOペパボ」調べ「ハンドメイド 主婦・主夫作家の意識調査」

金額別にみると、1ヶ月の収入が5,000円未満と答えた人が27%で最も多く、次いで20,000~50,000円未満が17.3%です。主婦・主夫に対する調査結果であるため、ハンドメイド販売は短い時間でもある程度の収入が期待できる副業といえます。

ハンドメイド販売で副業を始める方法

実際に副業をした経験がない人にとっては、副業の始め方が難しく感じられることもあるでしょう。しかし、ハンドメイド作品さえ用意できれば、ネット販売の経験がなくても4つの工程を経るだけで、気軽に副業を開始できます。

ここでは、ハンドメイド販売を始める方法をステップごとに解説します。

STEP1:アカウントのコンセプトを考える

ハンドメイド販売を始めるにあたって、まずはアプリやサイトに登録するアカウントのコンセプトを考えましょう。コンセプトの設定によって、「どのような作品を販売するか」「どういったお客様を想定するか」といった点が変化します。

コンセプトを考えるときは、下記の点を踏まえることが重要です。

  • 陳列する作品の種類
  • 作品の方向性・系統
  • ショップのレイアウト・雰囲気
  • 主なターゲット層
  • 作品の価格帯

ハンドメイド販売では、「好きな商品を好きなだけ作って販売する」ことも可能です。しかし、品ぞろえに統一感のあるショップほど1つのブランドとして認知されやすく、固定ファンの獲得も期待できます。

STEP2:作品を売るアプリ・サイトを決める

アカウントのコンセプトが決まったら、ハンドメイド作品を販売するアプリ・サイトを決めましょう。

ハンドメイド作品を探すお客様の多くは、知名度と信頼度の高いハンドメイドマーケットプレイスや、ネットショップを利用する傾向です。初めてハンドメイド作品を販売するときは、利用者数が多い大手のアプリ・サイトを選んだほうが作品が売れやすくなります。

下記は、ハンドメイド販売で代表的なアプリ・サイトの概要です。

minne
初期・維持費用 無料
販売手数料など 10.56%
出品者の傾向 初心者~プロレベル
備考
  • 国内最大級のハンドメイドマーケットプレイス
  • 若者・女性が多い
  • 価格帯は安め
Creema
初期・維持費用 無料
販売手数料など 11%
出品者の傾向 上級者~プロレベル
備考
  • ハンドメイドマーケットプレイス
  • 年齢層・価格帯ともに高め
  • クリエイター色が強い
BASE
初期・維持費用 無料
販売手数料など 6.6%(サービス利用料含む)+40円
出品者の傾向 初心者~法人
備考
  • ネットショップ作成サービス
  • ショップのデザインをカスタマイズできる
  • 機能を追加できる

STEP3:発送に必要な資材を準備する

ハンドメイド作品が売れたときに備えて、ラッピング資材・梱包資材を用意しておきましょう。作品の発送に必要となる主なラッピング資材・梱包資材は、下記のとおりです。

梱包材
  • ダンボール箱
  • 小箱
  • 紙袋
  • 封筒
緩衝材
  • 気泡緩衝材
  • クラフト紙
  • 新聞紙
水濡れ防止用
  • OPP袋
  • ビニール袋
  • ストレッチフィルム
  • ラップ
固定・貼付用
  • ガムテープ
  • OPPテープ
  • セロテープ
  • マスキングテープ
  • 台紙
ラッピング用
  • 包装紙
  • リボン
  • シール
  • メッセージカード
  • ショップカード
  • 納品書

上記の資材があれば、作品を梱包できます。作品ごとに必要な資材を事前に用意しておけば、注文が入ったあとすぐに発送が可能です。

STEP4:アプリ・サイトに作品を出品する

ほとんどのアプリ・サイトは、スマホやパソコンから必要事項を入力するだけでショップが開けます。作品を売るアプリ・サイトの指示に従ってアカウントを開設しましょう。作品の出品も、各アプリ・サイトの説明通りに行えばすぐに完了します。基本は作品の写真を撮り、サイズ・使用方法・注意事項などを入力して商品ページにアップロードするのみです。

作品の価格設定に迷う場合は、出品する作品と同じジャンル・系統のアイテムを調査しましょう。素材やキーワードで絞り込むと、おおよその価格帯が把握できます。商品価格の相場と作品の材料費・製作時間などの原価を考慮し、しっかりと元が取れる販売価格をつけることがショップ運営のポイントです。ショップに掲載する写真や作品説明は、人気作家・作品を参考にする方法もおすすめします。

【副業向け】ハンドメイドの人気商品

これから新たにハンドメイド作品を作って販売しようと考える場合、何を作れば副業として成り立つのかわからない人も多いでしょう。どのようなハンドメイド作品がよいかわからない場合は、人気作品をチェックする方法がおすすめです。

ここでは、副業として成立しやすいハンドメイドの人気商品を紹介します。

ピアスや指輪などのアクセサリー

アクセサリー類はハンドメイド作品の定番です。出品数が多くライバルとなるショップが多い反面、お客様の趣味嗜好と合致すれば、熱心な固定ファンを獲得できる可能性が高いジャンルでもあります。

普段使いする商品であれば1,000~2,000円、高い商品でも5,000円程度の手頃な価格帯が売れ筋商品です。また、季節感やイベントに合わせたデザインも人気があります。

アクセサリー類は初心者でも作りやすいうえ、既存のパーツを使用してもオリジナリティを加えられれば、比較的買い手がつきやすいことが特徴の商品です。

財布・小物・バッグ

財布・小物・バッグは、ハンドメイドならではの作品や、他人と被らないデザインに人気があります。レザークラフトのカードケースは3,000~4,000円、財布は5,000~10,000円、布製のポーチやトートバッグは1,000~3,000円程度が相場です。

財布・小物・バッグなどは、基本的に実用性を備えた商品が売れ筋となるものの、デザインがユニークな1点ものなども需要があります。レザークラフト系はクオリティの高さに加えて、オーダー品も受注販売すると人気が上がりやすい傾向です。財布・小物・バッグなどは性別に関係なく需要があり、比較的売れやすいことでもおすすめの作品となります。

ベビーグッズ・子ども向けグッズ

ベビー・子ども向けグッズは、子育て中の人からだけでなく、ギフト用としても人気が高い商品です。マタニティ関連から子ども服や、学校用品まで、幅広く需要があります。成長に合わせて持ち物が変化する時期にあたることから、手頃で買い替えやすい1,000~5,000円程度が相場です。

子ども関連のグッズは、持ち物被りを防ぎたい人にも需要があるため、子どもの名入れに対応するとファンがつきやすくなります。同じ作品を量産するよりも、少しずつデザインの違う1点ものの製作がおすすめです。

まとめ

ハンドメイド販売は、楽しみながらある程度の収入が期待できる副業です。ショップのコンセプトを明確に定めて作品を製作し、発送に必要な資材などを準備したら、ハンドメイド販売に強いアプリ・サイトにアカウントを登録して出品しましょう。

どのような作品を作ればよいかわからない場合は、すでに人気があるショップや販売商品を参考にすると、売れやすいアイテムや価格帯の相場が掴めます。出品自体も簡単なため、ハンドメイド販売に興味がある人は、アプリやサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。