岡山市中山下雑貨カフェ、リールリール

Facebookで更新中





終了しました。ありがとうございました。

*場所  カシュカシュ

Rire et Rire主催の手作り作家さんによる作品の展示販売をいたします。
テーマは~おとぎの国~。アリス、白雪姫、シンデレラなど子どもの頃大好きだった絵本の世界に飛び込んだようなメルヘンな作品が並びます。
カシュカシュを貸し切った一日限りのスペシャルイベント!!

★開店10:30までは店内に入ることができません。開店時は安全面を配慮し、約40名ずつの入場制限を設けております。予めご了承下さいませ。








開場前の作家さんによるブース設営です。大半の作家さんがイベント本番のブースサイズでディスプレイの予行練習をしてこられます。ご自分でつくられたものや吟味して購入された立派なディスプレイ棚を持参して見事にブースを作ってくださいます。作家さんも全22組の参加でブースも少し窮屈だったでしょう。だけどその小さなブースを有効活用しようと平面的だったブースがどんどん立体的になり、高さを出したり奥行きを出したり、またうまくデッドスペースを使ったりととっても素敵に作品を並べてくださいます。ささっとディスプレイを終えた作家さんは各ブースで他の作家さんの作品を見学です。リールも写真撮影しながらたくさんのかわいい作品にうっとりしたり、作家さんとのおしゃべりに花が咲き、開店ぎりぎりまで撮影に時間をかけてしまいました。




今回も参加作家さんの搬入より先に先頭のお客さん♪9時過ぎにはいらしてたかしら・・・?ご苦労様です。そしてそして他の作家さん情報によりますと開店前の行列は200人以上並ばれていたとか!!!しかも入店制限だったので待ち時間2時間・・・長くお待たせしたお客様、ほんとうにありがとうございます。
そうそう、この長蛇の列に並ばれたお客様から画像とレポをいただいたので後日ブログでお客様目線で改めてレポートしますね^^;


開店直後です。ごったがえしています!高さのあるディスプレイのお陰で混雑の中でもお目当ての作家さんブースを見つけやすくなったと思います。



は~い、ではまずはリールのコーナーです。今回は80点以上の作品を出品しましたが小さなものが多くてボリュームにかけました。バッグ類はエコバッグを残し完売しました♪前日仕上げた未公開ポシェットも開店直後に一番にお嫁に行くことができました。リール姉妹でつけていったUピンもほとんど売れました!
8割強お嫁にいくことができて大満足です。
だけど~、ちょっぴり残念だったのは豆いすの需要が少なかったこと。豆いすをもたれている方は2台目は必要ないし、少し値段が高かったのかな・・・嬉しい反響は聞こえてきたのですが、タイミングが合わないとなかなか売れにくい商品のようです。昨日のイベントでお嫁に行くことのできなかった商品は本日よりカシュカシュにて販売しています。土日しかこれないお客様で豆いすをご希望の方がいらっしゃいましたらぜひカシュカシュへ見に来てください。インナーソール、アンティークレースのヘアアクセサリー、エコバッグ1点、ブーツキーパー1点、イニシャルリース1点、豆いす4点をおいています。
そうそう、夕方かわいいお客さんがいらっしゃいました。中学生(かな?)の女の子2人組み。リールの頭についたUピンを見て同じ色をお買い上げくださいました。ありがとうね♪あんなかわいい子達がブログで作品をチェックしてくれてるのかな~~~と思うとうれしくてうれしくて>.<♪

ではでは入り口付近からぐるりと各作家さんのブース紹介していきましょうね♪




今回のテーマ「おとぎの国」から「花嫁さん」を連想されたというivoryさんのお花やグリーンはいつもと一味違ってかなりメルヘンで上品。プリザーブドフラワーのリースや木の皮を組み合わせた白のバラのコサージュなどシンデレラや白雪姫など絵本の世界に飛び込んだかのような素敵な作品がずらり。お客さんが手に取りやすいようにと施されたラッピングにも一手間かけられていたり、当日は開場にいれないから・・・とお花やグリーンの育て方や注意点なども丁寧にポップで説明書きをしてくださいました。
最初から狙っていたバラのコサージュ、あっという間に完売になって、ディスプレイの「SAMPLE」とかかれたコサージュを見てがっくり・・・・閉店間際にずうずうしくも「これは売っていただけませんか?」と聞いてみると快いお返事が~~^^ゲットで~~す!ありがとうございました。



おお~~、チクチク日和に初お目見えの上半身マネキンだ~~!こげ茶とブルーのchibicoさんらしい秋カラーのディスプレイ、素敵です。真似出来ない色使い、参考になります。タグも凝っててchibicoさんマークがそのままタグになっていました。こんなかわいいタグは捨てれないね♪
スカートやキュロットスカートはもちろん、タートルネックの洋服が作れるなんて本当にすごいな~。
ご本人のコーディネイトも毎回とても素敵でまじまじと見てしまいます。すっごいかわいんですよ~~^^ご本人さんもブランド名どおり小柄でかわいいです。次回は冬恒例のネット販売で忙しいようでお休みです。
chibicoさんのハンドメイド作品がぎゅっと詰まったクリスマスセット(だったかな?)がネットで購入できるようで要チェックです。ひと段落したらまたちくちく日和への参加お待ちしております。




わさわさ・・・わさわさ・・・彼女も重度のチクチク病にかかったのでしょう(笑)、この作品の量はすごいです。
彼女の作品は驚きばかり。どうしてこの布にこの色の布を合わせるの~~~???と思うのです。でもそれが絶妙にかわいいんです!まさにミラクル♪とても勉強になります。
徐々に増えているマチルダファンの数。前回来場されてマチルダさんの作品をお買い上げくださった若いカップルさんが今回もいらっしゃいました。リールはよ~~~く覚えていますの♪素敵なカップルだったから^^
どうやら前回のリールのイベントレポを読んだそうで「僕たちのことだったのかな~」とマチルダさんとお話されたそうです。・・・ってまた「僕らのことだね~~」って笑ってるでしょうか^^*
とっても社交的で美人のマチルダさん、ますますファンが増えそうです。あ、リールの親友もファンの一人ですよ!




前回からドロンワークの魅力にはまってしまったufuさんの作品にはドロンワークがいたるところに施されていて、ひとつひとつに込められた思いと手間のかけように脱帽です。気の遠くなるようなドロンワークをほとんどの作品に施されてるんですよ~~!編み物もできるし刺繍もできるし、ミシンはもちろんドロンワークまで・・・いったいどこまでその才能を発揮するのでしょう~^^
派手な色を使わないのに、なぜか上品さと華やかさがあるのは細部にわたる手のかけようからくるufuさんマジックですね^^




こんなにたくさんいたくまちゃんたち(写真は一部)。閉店間際にはすっからかんになっていました。
木工やフエルトケーキで注目ののらさんが「あみぐるみ作家」さんということを改めて実感。小さな小さなあみぐるみに小さな小さなマフラーや超小さいワッフル。本当に手先が器用です。こんなに小さなあみぐるみを手がけている作家さんが後ろに見えるシェルフや大きなディスプレイ棚を作るとは。。。同一人物の仕事とは考えられませんね。編み編みチクチク、ギコギコ、トントン、パワフルだな~~




ガラス作家のオカベさん、「ちょっと遊んでみた~~」とノスタルジックに輝くガラスオーナメントの照明を持ってきてくださいました。どこか古めかしく懐かしい雰囲気の照明はお洒落なカフェに似合いそうです。とても素敵でした。
オカベさんのおとぎの国イメージは「きのこ」のようで、ぼてっとした愛らしいきのこフォルムの置物やお馴染みのサンキャッチャーがたくさんお嫁に行きましたね♪うさぎや鍵、パンプスなどかたどったガラスパーツで作られたアクセサリー達も毎回表情を変えてキュートな作品となってブースにずらりと並びました。




桃色のプリザーブドフラワーのバラのオブジェがとても素敵♪
作家さんご本人の柔らかなお人柄をそのまま映し出したような作品です。
二人のお子様を育てながら岡山のハンドメイド展にほとんど参加されていています。小柄で華奢な体のLatte*さん、その溢れるパワーの源は何かしら・・・
やぱりかわいいお子様かな♪
決して多くの出品数ではありませんが、ひとつひとつの作品の繊細さや細かな仕事、センスあふれる発想に毎回目が離せません。




今回初参加のル・プティ・ポンさん(覚えてね)。前回のイベントで名刺をいただいた後、ブログを拝見させていただき、その作品のクオリティの高さと抜群のセンスに感動して速攻イベント参加をお願いしました。実は前回、ル・プティ・ポンさんがお客さんとしてレジで支払をされている時、とても素敵なお財布を持たれてたのです。「素敵な財布だな~~♪」と目が釘付けになりました。んで、その財布をご自分で作られていると知りこれまたびっくり。ル・プティ・ポンさんの虜になった方が大勢いらっしゃいました。とても丁寧にきっちりかっちり作られていて今後期待大の作家さんです。初参加とは思えないほどの売れ行きでしたよ~~♪




毎回毎回みんなを楽しませてくれる作品を見せてくれるチマチマさん。今回もやってくれましたね~♪子鹿の置物やビスケットの糸巻き、ミニボトルやペーパーウエイトなどどれもこれも「メルヘン」です>.<*型にはまらない自由な発想のchima*chimaさんスタイルだからこそ生まれる斬新な作品だと思います。中でも一番人気は「LOVE」の文字が押されたコジカの置物でした。チクチク作家さんのお宅にもたくさんお嫁にいったそうで^^
次回のテーマ「クリスマス」に染まったchima*chimaワールドが今から楽しみです。(参加してくれるかしら・・・^^)




前回人気だったナチュラルな装いに似合う控えめな色使いのアクセサリーを始め、ポーチやCDケースなど毎日使いの布雑貨がたくさん♪小さな小さな刺繍を施したケースやドロンワークのコームケース、白雪姫のドレスのような巾着など「かわいい」がギュッと詰まったブース。そして職人顔負けのご主人が作られた引き出し付きの糸立て。その出来映えにも驚きですが、更に驚いたのはその糸立てがお嫁にいく時。お客様に取り置きをお願いされてレジで糸立ての引き出しを出して、戻すと・・・・!!!!!違う場所の引き出しが出てきた~~~!どこまで精密に作られているの???府中家具のCMを思い出しました^^




ようこそ~日本へ~君が今ここにいること♪by Dear WOMAN(SMAP)
このずらりと並んだウサッコリーヌを斜めから撮影していると、毎回シャンプーTSUBAKIのCMソングが頭に流れます。私だけでしょうが・・・。TSUBAKIのCMって女性が何人か横並びになってズンズンと歩いているでしょ???あれに見えて仕方ないのです。
15体ほどあったウサッコリーヌは1体を残し全てお嫁さんへ行きました♪すごいぞ~~himiさん。最近は「ウサッコリーヌの方ですよね?」と聞かれるそうで、ウサッコリーヌ旋風が岡山に吹き荒れているもようです。




正確に刺された美しいクロスステッチに職人並のドロンワークを合わせた作品の数々。
その仕事の丁寧さに感心しっぱなしです。ドロンワークは麻布などの織り糸を何本か引き抜き、残った織り糸を束ねて透かし模様を作る刺繍。表はもちろん美しいのですが、裏の糸目もきちんと揃っていて美しいのです。巾着のように裏布を付けず裏の縫い目が出る一枚物のクロスなどの作品は本当に集中力を要する地道な作業のことでしょう。リールも閉店間際にギリギリセーフでお目当てのクロスをGETしました。愛用のミシンにかけています。長く長くおばあちゃんになるまで大切に使います。

チクチク日和では定番になりつつあるFil d'orさんとミドリノタマゴのコラボ「ソープサシェ」はやっぱり人気♪アッという間にお嫁にいったようですよ。




前回初試みだった石けんのブロック販売は予想以上の反響だったようで、今回はおとぎの国のテーマにぴったりのカボチャの馬車とあひるの型抜き石けんでおめかししたブロック石けんを出品してくださいました。
手作り石けんは仕込んでから1ヶ月間の熟成期間を必要とするので約1ヶ月半間隔で開催しているチクチク日和への参加はとても厳しかったと思います。ですが、ミドリノタマゴさんファンの熱い声援に応えて下さったのでしょう、今回も快く出展してくださいました。もちろん、すぐに売れちゃいましたね♪
ミドリノタマゴさんのブログを見たことのある方はご存じでしょうが、お写真が大変上手な作家さんでもあります。そのセンス光る写真をポストカードやカレンダーとしても出品くださいました。




アンティークゴールドをベースに落ち着いた色のアクセサリーパーツや小さなアンティークモチーフ、布やレースを閉じこめたペンダントトップが印象的なフェマンさんは、ネックレスだけではなく、しおりやブローチピンなどアイデア溢れる作品がずらり。チクチク日和に名を連ねるアクセサリー作家さんの中でも一番ナチュラルテイストな作家さんです。フレアパさんに委託されたり県内10月のイベントをあと2本、県内で開催されるハンドメイド展ではお馴染みの作家さんになりそうです。




上品に輝くゴールドベースのMinmiさんのアクセサリーブースは欧羅巴の雰囲気を漂わせる大人な仕上がり。プリンセスをイメージした気品ある作品は作家さんの清楚な感じそのもの。左の写真はリールがとても好きな作品で、シャッターを押そうとするとゆらゆら微妙に揺れるネックレスを根気で撮影したお気に入りの一枚です。最近クロスパーツとパールの組合せがかなり気になるリールにとってとても気になる作品でした。接客もお上手なMinmiさん、お客さんが鏡の前でネックレスを合わせていると、「おつけしましょうか?」となんとも心地よいタイミングで声をかけられます。お客さんの立場でアクセコーディネイトのアドバイスをされるなど大変勉強になりました。




とても細く華奢なチェーンに小さな小さなパーツを何十個もつけたり、大小さまざまなパーツをセンスよく組み合わせる人気作家のueさん。その繊細で根気のいるアクセワークに他のアクセサリー作家さんが声をそろえて「こまか~~い」と絶賛されたのは言うまでもありません。独特の色使いとパーツ使いは彼女が生まれ持った才能です。ueさんとリールは高校時代からの友人。長年の手強いデザイン仲間でもあります。学生の頃から何をしても一目置かれる技術とセンスをお持ちでしたのよ♪




今回のしまうま屋さんのアクセサリーは少し大ぶりで長めのネックレスが特徴でしょうか。ヘンゼルとグレーテルに出てくるお菓子の家を連想させるビスケットパーツやお花のモチーフがついたネックレスは遊び心溢れるキュートな作品です。春夏の作品とは違い、秋らしくほっこりしたカラーのアクセサリーが並びました。




アンティーク仕上げの時計やミニチェア、ナチュラルなリース、そしてアンティークモチーフやレースをふんだんに使った布小物など、幅広い作品がギュぎゅっと詰まったTekutekuさんのブースはボリュームも見応えも抜群です。ぴよろ~母さんとぴよろ~父さんのゆる~~~い愛称がお客さんのハートをわし掴み♪母さんは(勝手に呼んでます)布やリースを自在に操り、父さんは木材をアンティーク調の雑貨と変身させる博士です。ご夫婦そろってハンドメイド展に参加されるなんてとても素敵ですね^^
リールはぴよろ~父さんを見て思わず「父さん」と呼び止めそうになりました。何度も・・・(笑)イベントの行列を数えてくださったのも父さんです。(感謝♪)




今回二回目のm-polishさん、何でも初参加の前回に比べて緊張してなかなか寝付けなかったとか・・・そんなことは微塵も感じさせない当日の楽しいトーク。m-polishさんワールドに作家の皆さんどんどん引き込まれています。お友達作りがとてもお上手で、厚い人脈にも尊敬しちゃいます。雑貨屋さんにも詳しくてぜひぜひ仲良くしていただきたいものです♪
彼女の作品の特徴はとにかく布選びへのこだわりが強いこと。アンティークの生地を惜しげもなく使用していて、現行品にはない落ち着いたかわいらしさが感じられます。




毎回テーマに沿った作品をいくつも出展くださる消しゴム判子のyumikoさんの新作で一番に目を引いたのが不思議の国のアリス!!時計を持って歩き回るせっかちなうさぎと少し不機嫌なアリスが目に浮かぶようです。輪郭だけでこれだけの表情を出すのは至難の業だと思います。彼女の判子はひとつずつ小さな紙箱に入って見やすく、かわいくラッピングされています。手間のかかるラッピングにも手を抜かない作家魂に毎回感心しちゃいます。




イベント初期の頃とは作風ががらりと変わったhug*2さん。革雑貨を作らせれば右に出る者はいないな~~と本気で思います。一針一針手縫いするというお財布、たくさんの子がお嫁に行きました。きっと皆さん長く長く愛用してくださると思います。レザーに乙女なドイリーやモチーフ、アンティークイニシャルを合わせるという意外な発想、hug*さんカラーがしっかり出ていてます。どこでこの作品を見ても、「あ、hug*2さんのだ~~」とわかっちゃいますね♪
うえにもどる ▲